株式投資

iOS14の株価ウィジェットの注意点と暫定的な対処(表示銘柄数が減る)

2020/9/20

日本時間の9月18日頃から、iPhoneの最新OSであるiOS14にアップデート可能になりました。 目新しい新機能はいろいろありますが、株価ウィジェットの仕様に注意が必要だと感じたので記事します。 一応当ブログは「iOS 株価 TOPIX」で検索すると最上位近くにあらわれるiOS株価ウィジェットのオーソリティサイトです(大言壮語)。 銘柄数が減る(最大12銘柄⇛6銘柄に) iOSの株価ウィジェットは歴史的に、 純正の「株価アプリ」のウォッチリストに登録した銘柄を上から順にいくつか表示する という挙動をして ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

みずほFGの事例で株式併合と単元未満株と端株を解説

2020/9/19

みずほフィナンシャルグループが、2020年10月1日付けで10対1の株式併合を行います。 本稿では、株式併合の注意点について本件を題材に解説します。 「単元未満株式の取り扱い」「端数の処理代金」「なぜ会社は株式併合をするのか」についても解説します。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 株式併合とは1.1 会社法の規定1.2 みずほFGの併合のスケジュール2 株式併合の論点2.1 単元株制度との取引所の売買単位2.1.1 会社法における単元株式制度2.1.2 単元株数と売買単位のリンク2.2 端株の取り扱 ...

ReadMore

株式投資

ソフトバンクのオプション取引のニュースを理解するためだけのオプションの解説

2020/9/6

2020年9月4日、米国株が主力ハイテク銘柄を中心に調整するムードの中、ソフトバンクグループのオプション取引の報道が世界中に流れました。 もとの報道は英Financial Timesです。 www.ft.com  2 usersSubscribe to read | Financial Timeshttps://www.ft.com/content/75587aa6-1f1f-4e9d-b334-3ff866753fa2News, analysis and comment from t ...

ReadMore

ETF

バンガード日本撤退の国内個人投資家への影響

2020/8/28

2020年8月26日、大手運用会社のバンガード・グループが日本市場からの撤退を発表しました。 JP  5 users米バンガード、日本と香港から撤退へ 中国本土に重点https://jp.reuters.com/article/vanguard-hongkong-exit-idJPKBN25M1A0米資産運用会社バンガード・グループは26日、日本と香港から撤退すると発表した。香港上場投資信託(ETF)の取り扱いも中止する。 翌27日に日本法人であるバンガード・インベストメンツ・ジャパン ...

ReadMore

株価指数 取引・配当・コーポレートアクション

ダウ工業株30種平均の計算方法(算出要領の概説や日経平均との違い)

2020/8/26

ダウ工業株30種平均の算出方法を具体的に解説します。 計算方法にフォーカスして、算出者のS&Pダウ・ジョーンズインデックス社が公表するメソドロジー(算出要領)の相応に深いところにも言及します。 その代わりに「1896年に12銘柄で始まった」等の定性的な情報は本稿では取り上げません。すでに巷に溢れていますので。 ちょうど2020年8月末にアップルの株式分割(ウェイト大幅低下)と象徴的な銘柄入替えを控えているため基本を見ておくには良い機会だと思います。 参考:2020年8月31日基準の銘柄入替え IN ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

Appleとテスラの株式分割の注意点(Record Date≠日本株の基準日)

2020/8/24

時価総額世界最大のAppleと、時価総額世界最大の自動車メーカーのテスラが2020年8月に株式分割を行います。 報道では、Appleの株式分割は「8月24日が基準日・分割後ベースの取引は8月31日から」と書かれています(テスラは8月21日が基準日・分割後ベースの取引は8月31日)。 Bloomberg.com  4 usersアップル、1対4の株式分割発表-株価400ドルに迫る大幅上昇でhttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07- ...

ReadMore

ファイナンス理論

Excelによるアセットアロケーションの最適化計算

2020/7/31

本稿では、教科書的なアセットアロケーションの最適化計算をEXCELで行う際のアプローチについて解説します。 全世界株、米ドル建債券、ゴールドの3資産のケースを例に、EXCELのソルバー機能を使って最小分散ポートフォリオとシャープレシオ最大化を計算します(効率的フロンティアは今回は無し)。 実際に手を動かして「最適化」と言っても快刀乱麻を断つようなソリューションではなく、インプットする数字や最適化指標の選択に大きく左右されるものだという実感を持っていただければ嬉しく思います。 目次(クリックで各項目にジャン ...

ReadMore

ETF

ETFの換金売りはなぜ7月上旬なのか(ETFの決算分配金のフロー)

2020/7/15

7月上旬の市況コメントには「ETFの換金売りが重石」というコメントがよく出てきます。 例えば以下のロイターの7月7日の記事には、 JP〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、ETF分配金の換金売りを警戒https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-idJPL4N2EE10N<13:15> 日経平均は下げ幅拡大、ETF分配金の換金売りを警戒 日経平均は下げ幅を広げ、前場の安値に接近してきた。目新しい売り材料はないものの、8日と10日に指数連動型ETF(上場投信)の分 ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

伊藤忠のファミマTOBに見るインデックス運用の時代

2020/7/9

2020年7月8日、伊藤忠商事は子会社のファミリーマート株式のTOBを公表しました。 TOB成立後に少数株主をスクイーズアウトし伊藤忠の100%子会社とし、最終的にファミリーマート株式の4.9%をJAグループ(JA全農と農林中金)に譲渡する事業再編計画の一環として実施します。 これに関して、伊藤忠の適時開示に目を通したところ、 「TOBの下限株数の決定には、ファミリーマート株式のパッシブファンドによる保有が30%見込まれることを考慮した」 という旨の記載があります。 インデックス運用の普及と日銀のETF買 ...

ReadMore

株式投資

ユニリーバの英蘭重複上場(二元上場)の解説

2020/7/8

本稿では、大手日用品メーカーであるユニリーバの英蘭二元上場と言われる体制について解説します。英豪系鉱山会社BHPもこの体制です。 同社は2020年中を目途に本社をイギリスに統合すると発表しましたが、これを理解するためには同社の特徴的な重複上場形態の理解が必要です。また、米国上場ADRやNYRSでユニリーバに投資する日本人投資家の現地源泉税の相違もこれに起因しています。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 ユニリーバの本社機能の統合2 ユニリーバの英蘭二元上場と一般的な重複上場・DRの違い2.1 2つの法 ...

ReadMore

投資信託

2018年からの10年間は積立有利の期間だった

以前の記事で、日本株の20年積立のシミュレーションを紹介しました。

TOPIX20年積立のパフォーマンスと積立投資の利点

結論だけ書くと。
・20年だと「持ちっぱなし」と「積立」でリターンにあまり差が出ない
・積立投資は魔法の杖ではなく、変動する市場と付き合い続けるために有効な規律ぐらいにとらえてはどうか
ということでした。
 
本稿では、同じ方法で過去10年積立た場合のパフォーマンスを解説します。
 

日本株10年積立のパフォーマンス

方法は以下の通りです。
・過去10年間について、2つの戦略でTOPIXに連動する架空の投資信託を購入した場合の月末時点の評価損益率をグラフ化しました。
評価損益率:保有する投資信託の時価÷投資信託の合計購入金額-1、つまり持っているものの時価が、投入した合計金額に対してどれくらい変化したかです。
・2つの戦略とは「持ちっぱなし」と「積立」です。
「持ちっぱなし」では2007年12月末(10年前)にTOPIX投信を一括で購入し、その後は放っておきます。
「積立」では2007年12月から2018年1月にかけて、毎月末に一定金額のTOPIX投信を購入し続けます
・架空の投資信託のリターンは、TOPIXの価格変化に東証一部上場銘柄の加重平均配当利回りを加え、コストとして年0.30%の費用を控除して計算しました。
 
 
いかがでしょうか、過去10年間だと、一貫して「積立」が「持ちっぱなし」を上回るリターンになっています。
数字も見てみましょう。
 
 
2018年1月末時点の
累計損益率
年率換算
持ちっぱなし
47.34%
3.92%
積立
87.09%
6.41%
 
時点
超過幅
「持ちっぱなし」の損益率が「積立」を最も上回っていた
-
-
「積立」の損益率が「持ちっぱなし」を最も上回っていた
2015年5月
54.18%
 
『「持ちっぱなし」の損益率が「積立」を最も上回っていた』の数字が出ていないのは、今回計測した方法だと該当する時点が無いためです。
全ての月末で「積立」の損益率が「持ちっぱなし」を上回っていました。
 
では、この期間の市場はどうだったのでしょうか。
チャートの「持ちっぱなし」の損益率(青い線)は2007年12月末時点を基準にTOPIXの値動きを指数化したものとだいたい同じです。
この期間は、2008年の年初から株価が冴えない展開で、9月にはリーマンショックで下落が加速しました。
2008年のTOPIXの騰落率は実にマイナス41.8%でした。
2009年2月を底打ちしたものの上昇基調とはならず、その後3年間は1,000ポイントから700ポイントのレンジで行ったり来たりしていました。
つまり「積立」の法は株価下落局面で継続してナンピン買いを入れ続けていたことになります。
ナンピン買いとは、保有している銘柄の株価が下落した時に、追加でその銘柄を購入することです。難しい状況を平たくするという意味で「難平」です。
 
今回使った仮想のTOPIX投信が2007年12月末に、基準価額10,000円でスタートしたとします。
その場合、「積立」の2018年1月時点の平均取得コストは7,876円でした。
「持ちっぱなし」は2007年12月末の基準価額の10,000円が取得コストですので、21%安く買ったことになります。
 

まとめ

積立開始後に下げ相場に入り、低いコストで購入する機会があった場合は、「積立」のパフォーマンスが「持ちっぱなし」を上回ります。
直近10年間はまさにそういった市場動向でした。
最近10年間のデータで日本株の積立投資の有効性を説く人がいたら、もっと長期のデータも見てみたいと指摘してもいいと思います。
(おそらく日本に限らず米国株や先進国全体でも同じような絵になると思います。)
 
以上です。
読んでいただきありがとうございました。
  • この記事を書いた人

ton

2007年から運用会社や金融機関の運用部門で株を中心に見てきました。 現在は運用業務からは離れていて運用は自己資金のみ。 投信の請求目論見書や指数の算出要領からプロダクトの中身に迫るのが好き。

-投資信託
-,

© 2020 儲からない投資の知識