株価指数

時価総額世界1位のサウジアラムコは指数にどれくらい入っているか(エマージング)

2020/12/7

ちょうど1年前に、サウジアラビアの国営石油会社のサウジアラムコの上場がニュースになっていました。 この時は「時価総額世界最大!アップルやマイクロソフトを上回る!」という報道が多かったので「発行済株式の1.5%しか売り出さない銘柄を全株数ベースの時価総額で騒ぐのはおかしいでしょ」という記事を書きました。 今回はフォローアップとして、アラムコの株数が代表的な株価指数の算出でどう扱われているかをまとめます。 アラムコのMSCIの浮動株比率は1%強 最初にMSCIサウジアラビア指数を見ます。 2020年11月末ベ ...

ReadMore

ファイナンス理論

ビットコインと伝統資産の相関関係(株式、債券、ゴールド、ドル)

2020/12/6

2020年11月末、米ドル建てのビットコイン価格は19,000ドルを超え、2017年末以来の最高値を更新しました。 円建てでも現在200万円近辺で推移しています。 ビットコインに限れば、2017年末から2018年初にかけて参入した出川組のほとんどを救う水準まで回復したことになります。 ※出川組⇛出川哲朗が出演するコインチェックのテレビCMが放映されていたのが、ちょうどビットコインが前回高値をつけた2017年12月頃でした。「兄さんが知らないはずないだろう!」ってやつ。 良い機会なので、ビットコインと伝統資 ...

ReadMore

ETF

全然話題になってない三菱UFJFGのESG/ETNの解説(2070,2071,2072)

2020/11/24

2020年11月26日に、三菱UFJフィナンシャルグループが運用管理するESG関連等の3つのETNが東証に新規上場します。 現在の東証ETNは野村ホールディングスの1社供給なので新規管理会社の参入ですが、これが悲しいほどに話題になっていません。 興味がある人のために、自分がETNの有価証券届出書と指数のメソドロジーを確認して気づいた事項をまとめます。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 ETNの銘柄概要2 ETN-JDRの上場形態(ストラクチャー)3 指数の詳細3.1 (前提1)STOXX JAPAN ...

ReadMore

ETF

時価52兆円の東証ETF市場の見取り図(ETF/ETN組成形態別の銘柄数と時価総額)

2020/11/17

東証のETF・ETN市場の2020年11月時点の時価総額はおおむね52兆円です。 興味があって組成形態(上場形態)別の銘柄数と時価残高をまとめたので本稿で解説します。 特に海外との重複上場の形態について、JDR形態のもの(UBSの欧米株関連ファンド)と非JDR形態のもの(SPY=1557やGLD=1326)に分けてまとめたものはあまり見ないので、興味がある方は参考にしてください。 東証ETF・ETNの商品形態別銘柄数および時価残高 東証上場ETFの銘柄数および時価総額別の内訳は以下の通り。 時価は複数日に ...

ReadMore

ETF

東証ETF解説:1570NF日経平均レバレッジETF

2020/10/26

ネタに困ったので、東証上場ETFを順番に解説する企画を始めます。 楽天証券の買付代金ランキング・保有残高ランキングを参考に注目度が高い50銘柄を取り上げたいと考えてます。 似たようなことやってる人は多いと思いますが、仕事でファンドや運用会社のデューデリジェンス(調査)をしていた人間が書くものはあんまりないと思うので参考にしてネ。 一発目は1570日経平均レバレッジETFです。 良くも悪くも現在の日本のETF市場はこれ抜きには語れません。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 ファンド基本データ2 パフォー ...

ReadMore

株式投資

ドコモのTOBで学ぶヘッジファンドのM&Aアービトラージ

2020/10/1

2020年9月30日から、日本電信電話(NTT)は子会社のNTTドコモ株式のTOBを開始しました。 本稿では、このTOBを題材にヘッジファンドの戦略の一つであるM&Aアービトラージ(裁定取引)を解説します。 TOB初日のドコモ株式の市場終値は3,885円となり、ほぼTOB価格の3,900円近辺まで上昇しました。 この差額の15円に関する取引の解説です。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 TOBの条件2 TOB価格と市場価格の乖離3 市場価格とTOB価格の乖離を取る取引3.1 M&Aアー ...

ReadMore

株式投資

iOS14の株価ウィジェットの注意点と暫定的な対処(表示銘柄数が減る)

2020/9/20

日本時間の9月18日頃から、iPhoneの最新OSであるiOS14にアップデート可能になりました。 目新しい新機能はいろいろありますが、株価ウィジェットの仕様に注意が必要だと感じたので記事します。 一応当ブログは「iOS 株価 TOPIX」で検索すると最上位近くにあらわれるiOS株価ウィジェットのオーソリティサイトです(大言壮語)。 銘柄数が減る(最大12銘柄⇛6銘柄に) iOSの株価ウィジェットは歴史的に、 純正の「株価アプリ」のウォッチリストに登録した銘柄を上から順にいくつか表示する という挙動をして ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

みずほFGの事例で株式併合と単元未満株と端株を解説

2020/9/19

みずほフィナンシャルグループが、2020年10月1日付けで10対1の株式併合を行います。 本稿では、株式併合の注意点について本件を題材に解説します。 「単元未満株式の取り扱い」「端数の処理代金」「なぜ会社は株式併合をするのか」についても解説します。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 株式併合とは1.1 会社法の規定1.2 みずほFGの併合のスケジュール2 株式併合の論点2.1 単元株制度との取引所の売買単位2.1.1 会社法における単元株式制度2.1.2 単元株数と売買単位のリンク2.2 端株の取り扱 ...

ReadMore

株式投資

ソフトバンクのオプション取引のニュースを理解するためだけのオプションの解説

2020/9/6

2020年9月4日、米国株が主力ハイテク銘柄を中心に調整するムードの中、ソフトバンクグループのオプション取引の報道が世界中に流れました。 もとの報道は英Financial Timesです。 www.ft.com  2 usersSubscribe to read | Financial Timeshttps://www.ft.com/content/75587aa6-1f1f-4e9d-b334-3ff866753fa2News, analysis and comment from t ...

ReadMore

ETF

バンガード日本撤退の国内個人投資家への影響

2020/8/28

2020年8月26日、大手運用会社のバンガード・グループが日本市場からの撤退を発表しました。 JP  5 users米バンガード、日本と香港から撤退へ 中国本土に重点https://jp.reuters.com/article/vanguard-hongkong-exit-idJPKBN25M1A0米資産運用会社バンガード・グループは26日、日本と香港から撤退すると発表した。香港上場投資信託(ETF)の取り扱いも中止する。 翌27日に日本法人であるバンガード・インベストメンツ・ジャパン ...

ReadMore

プロフィール

当サイトをご覧いただきありがとうございます。
「儲からない投資の知識」を運営しているトンと申します。

ここでは、私の経歴を簡単にまとめております。

どういう仕事をしてきた人か

関東の田舎町で生まれ育ち、大学進学のために上京しました。大学は法学部でしたが、就職先は金融業界を選び、運用会社や金融機関で10年ちょっと働いて来ました。現在30代半ばです。

経験した部署は資産運用のフロントオフィス(ファンドマネージャーや証券アナリストがいるところ)の経験が長いのですが、実際に自分で銘柄分析をした期間よりも、海外の運用会社に運用委託するプロジェクトで運用会社評価や交渉をしていた期間が長いです。
いわゆる外部委託運用とか、運用会社のデューデリジェンスといった分野です。

上のような経歴は「ファンドマネージャー1筋!」みたいな人と比べると凄く地味ですが、委託先との交渉などもあるので普通のビジネスに近く、それなりの専門性があります。
例えば、外国株や外国籍のファンドに投資する場合の税金は、「ファンドマネージャー1筋!」の人はあまり詳しくありません。

資格は、日本の証券アナリスト、ファイナンシャルプランナー2級、ビジネス実務法務2級といった食えないものをいくつか持ってます。TOEICはMAX885点です。最近受けてません。
仕事柄、勤務先の内規で個別株の売買に制限があった期間がそれなりにあったため、個人の資産運用は外国株インデックスファンドがメインです。

サイト名の意味

このサイトの「儲からない投資の知識」という矛盾したタイトルには

「知識がリターンを確実にしてくれるわけではないが、市場と付き合い続けて行くためには知識が必要」

というメッセージを込めています。

投資でいちばん重要なのは儲けることです。
身も蓋もないことを言えば、正確な知識と緻密な分析に基づいて投資して損をするより、なんとなく丁半博打のような感覚で投資して儲かる方が良いと思います。

ただし、株・債券・コモディティのようなリスク資産に投資して必ず儲かる方法はありません。必ず儲かる方法があるという人は詐欺師か煽動者です。
そして、絶対が存在しない中で、市場の雰囲気や他人の思惑に流されないためには、それなりに知識が必要です。

こういった考えから、儲けには直結しないけど納得感をもって資産運用を行うために役立つ情報を発信するサイトとして2016年に当サイトを開設しました。

特に、ここ数年は、業者も役所も老後不安を煽り、より良い人生には投資が必要だと言われることが増えました。しかし、業者が進める金融商品を買ったり、役所が言うようにインデックスファンドを長期積立で買っていけば必ず儲かるかというと、どちらも不確実です。
手前味噌ですが、今は「儲かるための情報」と同じくらい「納得感を持って資産運用と向き合うための知識」が求められている気がしています。

定期的な更新を心がけていますので、今後もどうぞよろしくお願いいたします!

© 2021 儲からない投資の知識