株式投資 取引・配当・コーポレートアクション

株主総会で株主に送付される書類のこれまでとこれから

2022/6/26

2022年9月の改正会社法の施行で株主総会資料の電子提供制度が導入される。これを受けて、2022年6月に多くの上場会社の株主総会で同制度を採用するための定款変更が諮られる。 ※この改正は2019年に成立し、本件以外の改正は2021年3月にすでに施行されている。実務への影響の大きさから1年半遅れての施行となっている。 ※電子提供制度の採用が強制の上場会社については、施行日を効力発生日として定款変更手続きをしたとみなされる強力な経過措置が設けられているが、みなし規定の対象にならない取り扱いもあるため、実際には ...

ReadMore

経済指標・マクロ

JGB7年債と債券先物(7年債連続指値オペの意義を理解するために)

2022/6/18

本稿では「残存7年の日本国債は長期国債先物と密接な関係にある重要な債券である」ということを解説します。先物の受渡適格銘柄、CF、チーペスト等のトピックを取り上げます。 日銀が連続指値オペの対象に7年債を加えたことの重要さを理解する一助となれば嬉しく思います。 ※自分は基本的に株の人なので本稿のために改めて調べた内容も含まれることにご留意ください。一応ヘッジファンドのデューデリをしたり友人に債券の仕事をしている人がわりといたりと、間接的な関わりはありました。 日銀がYCCの国債の買入対象に残存7年の債券も加 ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

株主総会シーズンを真面目に楽しむための知識

2022/6/9

株主総会は株式会社の最高意思決定機関です。とはいえ、フルタイムで働いている現役世代が株主総会に参加することは容易ではありません。多くの方は、招集通知を一読する程度の時間しか割いていないと思います。 (議案を精査して議決権行使している個人投資家が本稿をご覧になっていたら身が引き締まる思いです。あなたのような真面目な投資家がコーポレートガバナンスを担っています。) 本稿では、6月の株主総会シーズンを楽しむための知識をまとめます。やや雑多になりますが、株主総会関連の報道や会社からの送付物の理解に役立てば嬉しく思 ...

ReadMore

ETF

時価総額の大きな日本株ETFの決算日のまとめ

2022/5/6

2022年5月現在の基準で、時価総額(純資産総額)が大きな日本株ETFの決算日の一覧を掲載します。 日銀がETF購入を開始(2010年)してから、度重なる購入規模増額(2013年、2014年、2016年)と、コロナ相場下での積極的な購入(2020年)を背景に、TOPIX型・日経平均型ETFの残高は過去10年間で急拡大しました。 そして、規模が大きなETFの決算のタイミングでは、ETFの分配金対応を意識した売買が見られるようになりました。 東証上場ETFの決算日一覧を掲載しているソースは数多あるが、上記の観 ...

ReadMore

株式投資

「2021年末を100にして指数化」というチャートはどう作っているか

2022/5/4

複数銘柄を比較する株価チャート等では「〇〇=100として指数化」と書かれているものがある。 例えば、以下はニッセイ基礎研究所が公表している月次の経済動向レポートのもの。 出所:ニッセイ基礎研究所 世界各国の市場動向・金融政策(2022年4月) 株価そのものではなく、基準時点(〇〇)の水準を100にした相対株価を使うことで価格帯が異なる複数銘柄の比較を容易にするためのテクニックだ。 筆者はこの処理を株式運用の部署に配属されて2日目に知った。 初見だと何をしているかイメージしにくいかもしれないので、本稿ではこ ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

配当金額が非表示(アスタリスク***)の配当金計算書が届く理由を法的根拠を示して解説

2022/5/2

日本の上場株式を保有していると、配当金支払い時に「配当金計算書」が郵送される(東証上場ETFなら「分配金計算書」)。 本来は重要な書類なのだが、配当金の支払い方法に株式数比例配分方式(証券会社受け取り)を選択していると、税引き後の支払金額が******(アスタリスクで埋まっておりブランク)の計算書が届くため、初見だと困惑するかもしれない。 「配当金計算書 アスタリスク」で検索すると信託銀行(証券代行)や証券会社のQ&Aがヒットするが、ここには「株式数比例配分方式を選択している場合はこのようになりま ...

ReadMore

株価指数

外国株指数の円建てリターンを為替要因と株価要因に分解する

2022/4/30

本稿では、外国株指数の円建てのリターンを、為替要因と株価要因に簡便に分解する方法を紹介します。先日知人に聞かれて「やったことないと分かりにくいかも」と思った事項です。 インデックスファンドにも通じる考え方なので、S&P500やMSCI ACWIに連動する投信を保有していて、基準価額の騰落率を為替と株価に分けて捉えたいという人にも参考になると思います。 月報に基準価額の要因分析を載せる投信も多いものの、外国株インデックスファンドにはほぼ書いていないので。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 「指数 ...

ReadMore

株式投資

2022年の株式市場見通し(MorganStanley,J.P.Morgan,Blackrock,Invesco)

2021/12/28

年末なので、主要金融機関が公表する2022年の株式市場見通しをまとめます。 個人投資家でもアクセスできるソースが比較的充実しているところをピックアップしました。 最後に執筆者目線での総括も書きます。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 はじめに 金融機関の株式市場見通しを見る上での注意点1.1 年末いくらになるかは重要ではない1.2 (セルサイド)個人投資家の目に見えるのは長い長いレポートのごく一部2 各社の株式市場見通し2.1 モルガン・スタンレー2.2 J.P. Morgan2.3 Blackroc ...

ReadMore

ETF

ビットコインETFの概要を届出書で確認(BITO, ProShares Bitcoin Strategy ETF)

2021/10/16

  2021年10月15日、米証券取引等監視委員会(SEC)によるProSharesのビットコインETF(ティッカー :BITO)承認が報じられました。 日本経済新聞  123 Tweets 4 Users 8 Pocketsビットコイン半年ぶり6万ドル超、先物ETF開始へ(写真=ロイター)https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN12E7X0S1A011C2000000/【ニューヨーク=大島有美子】暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格が15日、 ...

ReadMore

株式投資

GPIFが恒大集団の株や債券を保有するのはしょうがない(アセットオーナーとパッシブ運用)

2021/10/1

本稿では「指数に採用されている以上GPIFが恒大集団の株や債券を保有するのは仕方がないこと」という観点から、巨大機関投資家が世界中に分散投資する際に不可欠な「パッシブ運用で面積を取る」という行動について解説します。 その後にGPIFがベンチマークにしている指数について本件と絡めて見ます。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 中華デベロッパーの過剰債務が世界経済を揺るがす2 GPIFの潔い開示はメディアの飯のタネに3 公的年金の資産運用のプロセス :パッシブ運用で面積を取る3.1 政策アロケーション(配分 ...

ReadMore

投資信託

ジョン・C・ボーグルとバンガード(長年のファンによる解説)

運用会社のバンガードの創業者であるジョン・C・ボーグル氏が1月16日に亡くなられました。
心よりご冥福をお祈りします。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-17/PLG8BL6S972801

私も上の記事を読むまで知らなかったのですが、ボーグル氏は31歳から何度も心臓発作を起こしていて、ペースメーカーを付けたり心臓移植を受けていたそうです。
病気と戦いながらバンガードをあれほど巨大で多くの投資家に支持される運用会社に育てたバイタリティは本当にすごいと思います。

資産運用ビジネスの歴史の中で、彼が果たした役割は非常に大きいです。
私は駆け出しの頃に仕事でバンガードのファンドを取り扱ったことがあり、自分の資産運用でも同社のETFを持っていたことがあるので、ボーグル氏とバンガードについては一方的に親近感を持っています。
バンガードとボーグル氏について、資産運用ビジネスと個人の資産運用の両方で愛着を持っている者の視点で書きます。

ボーグル氏の経歴については、バンガード・ジャパンの追悼記事がとても詳しくまとまっています。

https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/articles/resources-learning/other/a-look-back-at-the-life-of-founder.htm

インデックスファンドのパイオニア バンガード

業界における立ち位置

バンガードはボーグル氏が1975年に設立した運用会社です。
日本ではヴァンガードではなくバンガードが定訳になっています。
(ヴァンガードで検索するとカードゲームが出てきます。)

現在の運用資産額(AUM)はグループ全体で5兆ドルを超えます。
運用資産額に基づくランキングだと、ブラックロックに次ぐ世界第二位です。

こちらの日経新聞の記事では、ボーグル氏のバンガードが「1976年に世界で初めてインデックス運用型の株式投信を世に送り出し」たという表現が使われています。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4010164017012019EE9000/

つまり、一般の投資家が買える投資信託として初めてインデックスファンド(パッシブファンド)を作った会社がバンガードです。
(逆に、法人向けのものはそれ以前にもあったということです。1971年にウェルズ・ファーゴが年金向けに初めた商品が一番最初であると言われています。)

インデックス運用で有名な運用会社を3つ挙げるように言われたら、

  • バンガード
  • iSharesで有名なブラックロック(合併前のBGI(バークレイズ・グローバル・インベスターズ))
  • SPYやGLDで有名なSSGA(ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ)

の3社を挙げる人が多いと思います。

低コストへの取り組み

バンガードは低コストのインデックスファンドを強みにしており、それを実現するために様々な工夫をしています。
例えば、運用報告書等の作成のため、自社で印刷会社を持っています。これだけの規模があると外注より自社で印刷した方が安くあがるためだそうです。
また、2012年に、指数利用料の引き下げのため運用中のファンドの連動対象(ベンチマーク)をMSCIの指数から他のベンダーのものに変更しました。
日本の個人投資家にも人気のVWO(バンガードのエマージング株ETF)の連動対象がMSCIエマージングからFTSEのエマージング株指数に変更になったので驚いた方も多いと思います。

その他にも、株式非公開でバンガードのミューチュアルファンド(米国の投資信託)がバンガードの株を保有するなど、投資家の利益が運用会社自体のガバナンスに反映される仕組みも同社の独特な点です。

資産運用ビジネスのバリューチェーンの中で

ここ数年の日本の資産運用業界を見ていると、バンガードのETFは投資家に直接購入される以外にも、様々な資産運用サービスのパーツとして使われることが増えたと思います。
セゾン・バンガード・グローバル・バランス・ファンドのようなバランス型ファンドのパーツとして組み入れられたり、wealthnaviのようなロボアドのサービスの中で投資対象になっています。

ボーグル氏と大恐慌とウェリントン

ボーグル氏の生涯

ボーグル氏は1929年5月に米国のペンシルバニア州に生まれました。
彼の生家は裕福ではなかったと言われていますが、教育熱心な両親に恵まれ、本人も様々なバイトをし、プリンストン大学に進学します。
1951年にプリンストン大学を卒業したボーグル氏は、運用会社のウェリントンに入社し、資産運用ビジネスでのキャリアをスタートします。そして、昇進を重ねウェリントンの創業者であったウォルター・モーガンの後継者としてチェアマンに就任するまでになりますが、1974年に株価の低迷や合併に伴ういざこざで解任されてしまいます。
この時まだ45歳。とても濃密な人生です。
その後、1974年から75年にかけてバンガードを設立し、翌年にインデックスファンドの運用を始めます。先述した病気の治療のために何度か経営から離れることがあったようですが、1999年までバンガードの経営に関与していました。
参考:
Vanguard(US)ウェブサイト
バンガード・ジャパン ウェブサイト
Wikipedia(en)  John C. Bogle
「捨てられる銀行2 非産運用」(橋本卓典著、講談社現代新書) 第5章
(記述に幅があった箇所はVanguardのウェブサイトに合わせました。)

大恐慌の年に生まれて

ボーグル氏の経歴を見ていて奇縁だと感じるのが、1929年という生年です。
この年は世界恐慌が起こった年。1929年10月24日木曜日はいわゆるBlack Thursdayです。
世界恐慌の年に生まれた人が資産運用業界を大きく変えるというのはとてもドラマティックです。

ウェリントンとバンガード

また、彼が資産運用の仕事を始めたのがウェリントンだという点も興味深いです。
ウェリントンは米国のボストンを拠点にしている長い歴史を持つ運用会社の一つです。
日本でも公的年金・私的年金から資金を受託しているほか、公募投信のサブアド(再委託先)としても存在感があります。例えば、三菱UFJ国際投信のヘルスケアファンドはウェリントンが実質的に運用しています。

https://www.am.mufg.jp/fund/148106.html

ウェリントンはアクティブ運用に定評がある会社なので、一見バンガードとは真逆に見えますが、アイデアを大切にする会社という点は共通していると感じます。投資アイデアをアルファ(超過収益)の獲得のために活かすのがウェリントン、商品設計や事業体制に関するアイデアをコストの削減のために活かすのがバンガードという印象があります。
また、バンガードもウェリントンも非上場であり、どちらも大手の金融機関グループに属さない独立系の運用会社です。

ヴィクトリーではなくバンガード

バンガードの社名は、英国のホレーショ・ネルソン提督ナイルの海戦(ナポレオン軍のエジプト侵攻との戦い)における旗艦「バンガード号」から取ったと言われています。
ネルソン提督が指揮した戦いでは、ナイルの戦いよりも仏西連合軍とのトラファルガーの海戦の方が有名です。
戦略的な重要性のみならず、戦いには勝ちながらもネルソン自身は戦闘中に命を落とすというドラマがあったためです。
ただ、トラファルガーの海戦におけるネルソン提督の旗艦は「ヴィクトリー号」でした。

社名をバンガードにしたのは、アセットマネジメント業界において「勝利」するのではなく、新しい時代を作る「先兵」になるというビジョンをより重視したのだと推測します。

ちなみに、ネルソン提督の最後の言葉は「神よ、感謝します。私は使命を果たした。」だったと言われています。

 

 

以上です。つい長くなってしまいました。
最後まで読んでいただいた方がいましたらありがとうございました。

SNSとブログランキング

↓のアイコンからTwitterのシェアやブログランキングのクリックをしていただけると大変励みになります!



株式ランキング

投資信託ランキング

-投資信託
-, ,