株式投資 取引・配当・コーポレートアクション

株主総会で株主に送付される書類のこれまでとこれから

2022/6/26

2022年9月の改正会社法の施行で株主総会資料の電子提供制度が導入される。これを受けて、2022年6月に多くの上場会社の株主総会で同制度を採用するための定款変更が諮られる。 ※この改正は2019年に成立し、本件以外の改正は2021年3月にすでに施行されている。実務への影響の大きさから1年半遅れての施行となっている。 ※電子提供制度の採用が強制の上場会社については、施行日を効力発生日として定款変更手続きをしたとみなされる強力な経過措置が設けられているが、みなし規定の対象にならない取り扱いもあるため、実際には ...

ReadMore

経済指標・マクロ

JGB7年債と債券先物(7年債連続指値オペの意義を理解するために)

2022/6/18

本稿では「残存7年の日本国債は長期国債先物と密接な関係にある重要な債券である」ということを解説します。先物の受渡適格銘柄、CF、チーペスト等のトピックを取り上げます。 日銀が連続指値オペの対象に7年債を加えたことの重要さを理解する一助となれば嬉しく思います。 ※自分は基本的に株の人なので本稿のために改めて調べた内容も含まれることにご留意ください。一応ヘッジファンドのデューデリをしたり友人に債券の仕事をしている人がわりといたりと、間接的な関わりはありました。 日銀がYCCの国債の買入対象に残存7年の債券も加 ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

株主総会シーズンを真面目に楽しむための知識

2022/6/9

株主総会は株式会社の最高意思決定機関です。とはいえ、フルタイムで働いている現役世代が株主総会に参加することは容易ではありません。多くの方は、招集通知を一読する程度の時間しか割いていないと思います。 (議案を精査して議決権行使している個人投資家が本稿をご覧になっていたら身が引き締まる思いです。あなたのような真面目な投資家がコーポレートガバナンスを担っています。) 本稿では、6月の株主総会シーズンを楽しむための知識をまとめます。やや雑多になりますが、株主総会関連の報道や会社からの送付物の理解に役立てば嬉しく思 ...

ReadMore

ETF

時価総額の大きな日本株ETFの決算日のまとめ

2022/5/6

2022年5月現在の基準で、時価総額(純資産総額)が大きな日本株ETFの決算日の一覧を掲載します。 日銀がETF購入を開始(2010年)してから、度重なる購入規模増額(2013年、2014年、2016年)と、コロナ相場下での積極的な購入(2020年)を背景に、TOPIX型・日経平均型ETFの残高は過去10年間で急拡大しました。 そして、規模が大きなETFの決算のタイミングでは、ETFの分配金対応を意識した売買が見られるようになりました。 東証上場ETFの決算日一覧を掲載しているソースは数多あるが、上記の観 ...

ReadMore

株式投資

「2021年末を100にして指数化」というチャートはどう作っているか

2022/5/4

複数銘柄を比較する株価チャート等では「〇〇=100として指数化」と書かれているものがある。 例えば、以下はニッセイ基礎研究所が公表している月次の経済動向レポートのもの。 出所:ニッセイ基礎研究所 世界各国の市場動向・金融政策(2022年4月) 株価そのものではなく、基準時点(〇〇)の水準を100にした相対株価を使うことで価格帯が異なる複数銘柄の比較を容易にするためのテクニックだ。 筆者はこの処理を株式運用の部署に配属されて2日目に知った。 初見だと何をしているかイメージしにくいかもしれないので、本稿ではこ ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

配当金額が非表示(アスタリスク***)の配当金計算書が届く理由を法的根拠を示して解説

2022/5/2

日本の上場株式を保有していると、配当金支払い時に「配当金計算書」が郵送される(東証上場ETFなら「分配金計算書」)。 本来は重要な書類なのだが、配当金の支払い方法に株式数比例配分方式(証券会社受け取り)を選択していると、税引き後の支払金額が******(アスタリスクで埋まっておりブランク)の計算書が届くため、初見だと困惑するかもしれない。 「配当金計算書 アスタリスク」で検索すると信託銀行(証券代行)や証券会社のQ&Aがヒットするが、ここには「株式数比例配分方式を選択している場合はこのようになりま ...

ReadMore

株価指数

外国株指数の円建てリターンを為替要因と株価要因に分解する

2022/4/30

本稿では、外国株指数の円建てのリターンを、為替要因と株価要因に簡便に分解する方法を紹介します。先日知人に聞かれて「やったことないと分かりにくいかも」と思った事項です。 インデックスファンドにも通じる考え方なので、S&P500やMSCI ACWIに連動する投信を保有していて、基準価額の騰落率を為替と株価に分けて捉えたいという人にも参考になると思います。 月報に基準価額の要因分析を載せる投信も多いものの、外国株インデックスファンドにはほぼ書いていないので。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 「指数 ...

ReadMore

株式投資

2022年の株式市場見通し(MorganStanley,J.P.Morgan,Blackrock,Invesco)

2021/12/28

年末なので、主要金融機関が公表する2022年の株式市場見通しをまとめます。 個人投資家でもアクセスできるソースが比較的充実しているところをピックアップしました。 最後に執筆者目線での総括も書きます。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 はじめに 金融機関の株式市場見通しを見る上での注意点1.1 年末いくらになるかは重要ではない1.2 (セルサイド)個人投資家の目に見えるのは長い長いレポートのごく一部2 各社の株式市場見通し2.1 モルガン・スタンレー2.2 J.P. Morgan2.3 Blackroc ...

ReadMore

ETF

ビットコインETFの概要を届出書で確認(BITO, ProShares Bitcoin Strategy ETF)

2021/10/16

  2021年10月15日、米証券取引等監視委員会(SEC)によるProSharesのビットコインETF(ティッカー :BITO)承認が報じられました。 日本経済新聞  123 Tweets 4 Users 8 Pocketsビットコイン半年ぶり6万ドル超、先物ETF開始へ(写真=ロイター)https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN12E7X0S1A011C2000000/【ニューヨーク=大島有美子】暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格が15日、 ...

ReadMore

株式投資

GPIFが恒大集団の株や債券を保有するのはしょうがない(アセットオーナーとパッシブ運用)

2021/10/1

本稿では「指数に採用されている以上GPIFが恒大集団の株や債券を保有するのは仕方がないこと」という観点から、巨大機関投資家が世界中に分散投資する際に不可欠な「パッシブ運用で面積を取る」という行動について解説します。 その後にGPIFがベンチマークにしている指数について本件と絡めて見ます。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 中華デベロッパーの過剰債務が世界経済を揺るがす2 GPIFの潔い開示はメディアの飯のタネに3 公的年金の資産運用のプロセス :パッシブ運用で面積を取る3.1 政策アロケーション(配分 ...

ReadMore

株価指数

【iOS14対応】iOSの株価ウィジェットで株価指数等を見る方法(日経平均、金利、為替、MSCI(?))

本稿では、私がiOSのデバイスを10年使ってたどり着いた、iOS、iPad OSの株価アプリで目当てのインデックス等を探すためのコツなどを紹介する。

iPhoneiPadには、標準で株価を表示するアプリが入っている。
ウィジェット(ホーム画面をスワイプすると左側から出てくる領域)にも対応しており、株価ウィジェットには、アプリ上で「ウォッチリスト」に登録した銘柄が表示される。

※ちなみに、iPadにもApple純正株価アプリが付くようになったのは2018年のiOS12からでわりと最近。

ここには株価だけでなく株価指数や為替レートも表示できるが、検索欄に名前を入れてもうまく出ない場合が結構あるので参考にして欲しい。

2020年10月19日追記【令和最新版アップデート】
この記事は当初2019年1月時点の株価アプリの挙動をもとに作成した。
当時、米国ETFや海外株価指数は名前やティッカーで検索してもヒットせず、言語設定を英語に変更する等の対処が必要だったのでその説明を中心に記載していた。
現時点では、米国上場銘柄や海外の指標も名前で検索すればたいていのものが出てくるため、それに合わせた記載とした。

また「iOS14にしたら銘柄が減って困ってる!」という人はこちらが参考になると思う。

iOS14では株価ウィジェットで表示できる銘柄数が最大6銘柄に減ってしまった(iOS13では最大12銘柄表示できた。)。
リンク先の記事では、挙動の検証と新規に追加された「銘柄ウィジェット」を使って7銘柄以上の指標をウィジェットで配置する方法も記載している。

基本:iOSの株価アプリでできること

iOSの株価アプリでできることはシンプルだ。

・株式の銘柄等を検索し、株価推移とPERや配当利回り等の基礎的な指標を見ることができる
・お気に入りの銘柄をウォッチリストに保存できる
ウィジェットではウォッチリストの先頭の数名柄(iOS14では最大6銘柄)の直近の価格が見られる
・株価以外にも日経平均やS&P500などの内外の主要株価指数や為替レートが表示できる
・リアルタイムではないので取引の参考には不向き(ディレイの時間は5分から15分程度でカテゴリによってまちまち)

現在では、日米の上場株式であれば、銘柄名称、4桁の銘柄コード(日本株)、ティッカー(米国株)で検索すれば大抵のものは検索結果に出る

以下は、iOS14の株価ウィジェットのスクリーンショットだ。
ウォッチリストの上から順に6銘柄が表示される。

 

株価指数、米10年債利回り、VIX

Appleの純正株価アプリでは、株式以外のデータは、伝統的にデータ提供元のYahooファイナンスのコードが使われている。
例えば、日経平均は^N225、S&P500指数は^GSPCである。
※^は「キャレット」や「ハット」と読む。Excelでべき乗に使う記号なので、私はずっと「べき」と読んでいたが他の人には通じないので注意。

とはいえ、株式と同様に、現在では多くの株価指数等が名前から検索可能だ。
検索欄に「S&P」と入力すれば候補にS&P500、「NASDAQ」でNASDAQ総合(NASDAQ Composite)が見つかる。
株価指数以外でも「Treasury」で米国10年債利回り(^TNX)、「VIX」でVIX指数(^VIX)が検索可能である。

名前で検索して候補に表示されない場合は、米国YahooFinanceで使われているコードを特定して、それを打ち込むというのがiOSの株価アプリを使う場合の伝統的な作法でしたが、今では必要なシチュエーションは減っている。

参考までに、需要がありそうな株価指数(&VIXと米10年債利回り)のコードを以下に記載する。

ダウ平均 ^DJI
S&P500指数 ^GSPC
ナスダック総合指数 ^IXIC
ナスダック100指数 ^NDX
米国10年債利回り ^TNX
VIX指数 ^VIX
日経平均 ^N225
上海総合指数(中国) 000001.SS
ハンセン指数(香港) ^HSI
SENSEX30指数(インド) ^BSESEN
DAX指数(ドイツ) ^GDAXI
FTSE100指数(イギリス) ^FTSE

為替

為替レートは、名前で検索するとやや難がある。
例えば、豪ドル/円の為替レートが目当てで"australian dollar"で検索すると、先頭に豪ドル/米ドルの為替レートが表示され、それ以外には豪ドルがらみの先物やETFが表示される。

為替レートは、ISOの3文字の通貨コードの組み合わせ(FX会社等でも使われる通貨ペア)に=Xをつけたものがアプリ内でコードとして使われているため、これを直接検索欄に入力する方が目的にたどり着きやすい(ドル円だけ少し特殊)。

日本の投資家の関心が高いものを以下に記載する。

ドル円 JPY=X
ユーロ円 EURJPY=X
ユーロドル EURUSD=X
ポンド円 GBPJPY=X
豪ドル円 AUDJPY=X

 

見られないものはETFで代替するか他のアプリ

2008年に第二世代iPod touchを買ってから10年間試行錯誤を重ねて来たが、以下の指数や指標は株価ウィジェットだと表示できなかった。
これらについては、流動性の高いETFで代替するか、別のアプリで見たほうが良いと思う。

MSCIの指数

MSCIが算出する株価指数、特にMSCI KOKUSAI、MSCI Emerging、MSCI ACWIは連動するインデックスファンドを保有している人が多く、株価アプリで見たい人も多いと思う。

私もそのクチなので2008年に第二世代iPod Touchを入手したときすぐに試した。だが、MSCIの指数は12年間どう頑張っても出てこなかった
そもそもMSCIの指数はYahooFinanceに出てこないので、2社間に契約が無いのだと推測する。

そのため、MSCIの指数については、流動性の高いETFで代替するのが無難な解決方法だ。
私もMSCI Emergingの代替として、EEMをずっとウォッチリストに登録している。
KOKUSAIやWorldはあまり流動性の高いETFが無いため、割り切って日本・新興国含む全世界を見ても良い。または、厳密にMSCIにこだわらず、FTSEの指数をベンチマークにしているVanguardのETFで代用しても、市況をみるだけなら大差無い。

新興国株 EEM(MSCI EM)、VWO(FTSE EM)
全世界(新興国含む) ACWI(MSCI ACWI)、VT(FTSE全世界)

冒頭に記載のとおり、かつては米国上場銘柄を検索するために端末の言語設定を英語にする必要がある時期もあったが、現在では名前かティッカーで検索すれば基本的に見つかるようになっている。
TECL(テックレバ3倍ETF)やHYG(ハイイールド債ETF)のような尖った銘柄もティッカーから検索できる。

金利

上で米国10年債利回りは^TNXで表示できると書いたが、それ以外の金利は株価アプリではうまく出ない。
日本やドイツの金利(国債利回り)を見たい時は、iOS純正株価アプリではなく、他のサービスを使う方が良いと思う。

私は代替手段として、現在はCNBCのアプリやウェブサイトを参照している。

かつてはBloombergの無料アプリを使っていたが、こちらは2018年くらいから債券利回りの情報がかなり削られてしまった。

コモディティ(商品)

商品価格では、WTI原油の価格をウォッチしたい人が多いと思う。

現在は「CL=F」WTI原油先物「GC=F」金先物価格が表示される。
この2つは、直近限月の先物の価格を限月交代のたびにつなぎ合わせた「つなぎ足」だ。Bloombergの「CLA」や普段ニュースで見ている先物価格も同様の調整がされている。
指標として価格動向を見る上ではつなぎ足のチャートはたいへん有用だが、現実の原油ETFのリターンはつなぎ足のチャートとは大きく異なるため、投資対象として見るのであれば原油ETFの価格も合わせてウォッチすべきだ。

また、以下のAppbankの記事にあるように株価アプリでも限月を指定して表示させることも可能である。

例えば、WTI原油先物の2019年2月限(ぎり)の場合は、CLG19.NYMというコードである。
Gが2月限という意味で、この部分が限月ごとに異なる(1月がF、2月がG、3月がH、・・・)。
筆者が見た限りではBloombergのCL1に該当するような「常に直近限月を参照するティッカー」は無いようだ。

TOPIXと東証REIT指数

TOPIXは、かつては998405.Tというコードで出て来たが、執筆時点ではデータが表示されない。いつから表示されなくなったか詳細はわからない。以前は確かに表示されていたと思うのだが。
そのため、TOPIXとについては日経平均(^N225)か流動性の高いTOPIX連動ETF(1306等)で代替するほか無いと思う。

TOPIXだけでなく東証REIT指数も表示できないため、東証・JPXの意向なのかもしれない。
そうであれば、このようなせこい情報の出し惜しみは、投資対象としての日本株の魅力を低下させる愚行だと考える。
TOPIXという指数は、日本株市場全体のプロキシーであり、日本株への投資成果を測るベンチマークであり、それ自体「日本株全体」として投資対象となるアセットクラスでもある。指数算出者の著作権は適切に保護されるべきだが、出し惜しみすれば誰からも使われず支持されず価値を損なう。

おわり

以上です。

iOSの純正株価アプリ(特にウィジェット)は無駄がないデザインで見やすく、サードパーティ製のアプリも一長一短あるため、試行錯誤している人も少なくないと思う。本稿の内容が参考になれば嬉しい。

 

SNSとブログランキング

↓のアイコンからTwitterのシェアやブログランキングのクリックをしていただけると大変励みになります!



株式ランキング

投資信託ランキング

-株価指数
-, ,