株式投資 取引・配当・コーポレートアクション

よく分かる公募増資(フロー、用語、株価への影響):JR西日本のケース

2021/9/4

本稿では、上場会社の公募増資を2021年のJR西日本の事例を題材に解説します。 日本経済新聞  1 Tweet 8 UsersJR西日本、公募増資など最大2786億円調達 グループ初https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF018150R00C21A9000000/JR西日本は1日、公募増資などで最大2786億円を調達すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴い鉄道利用が落ち込み、2022年3月期は2期連続の連結最終赤字となる見通し。財務基盤の立て直しを急 ...

ReadMore

株式投資

2021年7月中国株急落を2018年以降の米中対立の枠組みで整理する

2021/8/14

2021年7月、テクノロジー関連銘柄を中心に中国株が大きく下落しました。 本稿では、この2021年7月の下落に至るまでの経緯を2018年から続く米中対立の文脈で整理します。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 赤く燃える市場(2021年7月)1.1 2021年7月の出来事2 米中対立下の中国企業に対する米・中両国からのプレッシャー2.1 今に続く米中対立の発端は関税2.2 安全保障と中国企業2.3 中国企業への投資制限2.4 中国政府による中国IT企業への締付け3 おわり 赤く燃える市場(2021年7月 ...

ReadMore

株価指数

日経平均の算出方法と問題点(+2021年の算出方法変更)の解説

2021/7/7

2021年10月から日経平均の算出方法が変わります。 本年5月に日本経済新聞社は変更点をまとめたドキュメントを公開しパブリックコメントを実施。 7月5日にパブリックコメントへの回答と変更後の算出要領を公開しました。 本稿では、現在の日経平均の算出方法・問題点を解説したうえで、算出要領の変更点について解説します。 現行の算出方法の解説と問題点にもかなり文字数を使っていますので、変更点のみに注目している方は↓の目次を活用してください。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 現行の算出方法と問題点1.1 202 ...

ReadMore

株式投資

パナソニックのテスラ株売却がすぐに報じられなかった理由(IFRS包括利益の罠)

2021/6/26

2021年6月25日、パナソニックが同社が保有するテスラ株式を2021年3月末までに全売却していたと報じられました。 パナソニックは2010年にEV用電池事業に関する関係強化を目的としてテスラ株を取得しており、当初の取得金額24億円に対し、今回の売却額は4,000億円程度と報じられています。 テスラは昨年からのコロナ相場で話題の中心となった銘柄の1つであり、本件は大いに注目されました。また、25日のパナソニック株は前日比4.9%と大幅に上昇しました。 日本経済新聞  187 Tweets 140 ...

ReadMore

株価指数 株式投資

日経平均先物と現物の日経平均の価格乖離(配当と金利と貸株)

2021/3/25

本稿では現物の日経平均株価と日経平均先物の価格乖離がなぜ起こるかについて解説します。 実際の数値例を出しますので、教科書的な知識と現実のブリッジとして読んでいただけると書いた甲斐があります。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 日経平均と日経平均先物の価格乖離1.1 配当と金利と貸株1.2 配当と短期金利でどの程度説明できるか2 おわり 日経平均と日経平均先物の価格乖離 現物株225銘柄から算出される日経平均株価(株価指数)と、日経平均株価を原資産とした先物である日経平均先物の価格は、通常は一致しません ...

ReadMore

株式投資

金利上昇による株価下落でグロース株が特に不利な理由

2021/3/5

本稿では、金利上昇で株価が下落する理由を解説します。 3年前にも似たようなことを書いていますが、現在の局面にあてはめて書きます。 せっかく金利と株価の関係に注目が集まっているのに私の過去記事にはさして流入が無いので悲しいのです。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 金利上昇で株価が下がるメカニズム1.1 金利と株価の関係1.2 配当割引モデルで考える1.2.1 債券への資金流入⇛期待収益率(割引率)の上昇1.2.2 企業業績への影響⇛予想成長率の低下(業種によっては上昇)2 グロース株と金利上昇3 おわ ...

ReadMore

株式投資

東証の流通株式時価総額の定義変更で何が変わるか

2021/2/18

2022年4月に東京証券取引所が市場区分の再編を行います。 現行の市場第一部、第二部、マザーズ、ジャスダックの区分を再編し、「プライム」「スタンダード」「グロース」に再編する計画です。 この中で、東証が上場審査と上場廃止基準で使用する「流通株式」の定義が見直されます。 これは、2019年に実施された金融庁の審議会でも言及されていましたが、2020年12月に東証から変更後の具体的な計算方法が公表されました。 本稿ではこの「流通株式」の定義の変更について、現在の基準との違い等の観点から解説します。 東証の資料 ...

ReadMore

投資信託

アセットマネジメントにおけるデューデリジェンスとは

2021/2/5

金融業界では「デューデリジェンス」という言葉が2つの意味で使われます。 もともとDue Dilligenceという言葉は「適切な注意義務を果たす」「適正な手続きを踏む」というニュアンスの言葉です。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 M&Aにおけるデューデリジェンスと資産運用におけるデューデリジェンス2 アセットマネジメントにおけるデューデリジェンスの全体像2.1 資産運用のデューデリは誰がするか2.2 資産運用のデューデリのフロー2.3 資産運用のデューデリの評価項目2.3.1 定量評価2.3 ...

ReadMore

株価指数

全世界株指数にはREITが含まれているがTOPIXにはJ-REITが含まれない

2021/1/28

本稿では、世界のメジャーな株価指数はREITを含むが、日本で算出されている日経平均やTOPIXにはなぜかJ-REITが含まれていないという問題を掘り下げます。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 S&P500もMSCI ACWIもREITを含む2 TOPIXや日経平均はなぜかREITを含まない2.1 J-REITは名実ともに投資法人(ファンド)なのだ2.2 US-REITはファンドっぽくない3 おわり 青(J-REIT)は藍(US-REIT)よりも青し(Investment Trust)? S& ...

ReadMore

株価指数

バリュー株指数とグロース株指数の計算方法(PBR等で分類)

2021/1/27

本稿では、バリュー株指数やグロース株指数の算出方法を解説します。 日本の投資家が指標として見ることが多い、TOPIX(東証)、ラッセル、MSCIの指数については具体的な算出方法にも触れます。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 バリュー株とグロース株2 「バリュー株指数」と「グロース株指数」2.1 バリュー銘柄、グロース銘柄、そして中間の銘柄2.2 TOPIXのバリューインデックスとグロースインデックス2.3 ラッセルのValue指数とGrowth指数2.4 MSCIのValue IndexとGrowt ...

ReadMore

株価指数

【iOS14対応】iOSの株価ウィジェットで株価指数等を見る方法(日経平均、金利、為替、MSCI(?))

iPhoneiPadには、標準で株価を表示するアプリが入っています。
ウィジェット(ホーム画面をスワイプすると左側から出てくる領域)にも対応しており、株価ウィジェットには、アプリ上で「ウォッチリスト」に登録した銘柄が表示されます。

※なお、iPadでもAppleの株価アプリが付くようになったのは2018年のiOS12からです。

ここには、個別株の株価だけでなく、一部の株価指数や為替レートも表示できますが、検索欄に名前を入れるだけだとうまく出てこない場合があります。

本稿では、私がiOSのデバイスを10年使ってたどり着いた、目当てのインデックス等を探すためのコツなどをご紹介します。

2020年10月19日追記【令和最新版アップデート】
この記事は当初2019年1月時点の株価アプリの挙動をもとに作成しました。
当初執筆時、米国ETFや海外株価指数は名前やティッカーで検索しても出てこなかったため、言語設定を英語に変更する等の対処が必要があり、記事もそれにフォーカスしたものとして記載しました。
現時点では、米国上場銘柄や海外の指標も名前で検索すればたいていのものが出てくるようになっているため、それに合わせた記載としました。

また「iOS14にしたら銘柄が減って困ってる!」という方はこちらを参考にしてみてください。

iOS14では株価ウィジェットで表示できる銘柄数が最大6銘柄に減ってしまっています(iOS13では最大12銘柄表示できました。)。
リンク先の記事では、挙動の検証と新規に追加された「銘柄ウィジェット」を使って7銘柄以上の指標をウィジェットで配置する方法について書いてます。

基本:iOSの株価アプリでできること

iOSの株価アプリでできることはシンプルです。

・株式の銘柄等を検索し、株価推移やPERや配当利回り等の基礎的な指標を見ることができる
・お気に入りの銘柄をウォッチリストに保存できる
ウィジェットではウォッチリストの先頭の数名柄(iOS14では最大6銘柄)の直近の価格が見られる
・株価以外にも日経平均やS&P500などの内外の主要株価指数や為替レートが表示できる
・リアルタイムではないので取引の参考には不向き(ディレイの時間は5分から15分程度でカテゴリによってまちまち)

現在では、日米の上場株式であれば、銘柄名称、4桁の銘柄コード(日本株)、ティッカー(米国株)で検索すれば大抵のものは検索結果に出てきます

以下は、iOS14の株価ウィジェットのスクリーンショットです。
ウォッチリストの上から順に6銘柄が表示されます。

 

株価指数、米10年債利回り、VIX

Appleの純正株価アプリでは、株式以外のデータは、伝統的にデータ提供元のYahooファイナンスのコードが使われています。
例えば、日経平均は^N225、S&P500指数は^GSPCです。
※ちなみに^は「キャレット」と読みます。Excelでべき乗に使う記号なので、ずっと「べき」と読んでました。ごめん、キャレット。

とはいえ、株式と同様に、現在では多くの株価指数等が名前から検索可能です。
検索欄に「S&P」と入力すれば候補にS&P500、「NASDAQ」でNASDAQ総合が出ます。
株価指数以外でも「Treasury」で米国10年債利回り(^TNX)、「VIX」でVIX指数(^VIX)が検索可能です。
名前で検索して候補に表示されない場合は、米国YahooFinanceで使われているコードを特定して、それを打ち込むというのがiOSの株価アプリを使う場合の伝統的な作法でしたが、今では必要なシチュエーションは減っていると思います。

参考までに、需要がありそうな株価指数(&VIXと米10年債利回り)のコードを書いておきます。

ダウ平均 ^DJI
S&P500指数 ^GSPC
ナスダック総合指数 ^IXIC
ナスダック100指数 ^NDX
米国10年債利回り ^TNX
VIX指数 ^VIX
日経平均 ^N225
上海総合指数(中国) 000001.SS
ハンセン指数(香港) ^HSI
SENSEX30指数(インド) ^BSESEN
DAX指数(ドイツ) ^GDAXI
FTSE100指数(イギリス) ^FTSE

為替

為替レートは、名前で検索するとやや難があります。
例えば、豪ドル/円の為替レートが目当てで"australian dollar"で検索すると、先頭に豪ドル/米ドルの為替レートが表示され、それ以外には豪ドルがらみの先物やETFが表示されます。

為替レートは、ISOの3文字の通貨コードの組み合わせ(FX会社等でも使われる通貨ペア)に=Xをつけたものがアプリ内でコードとして使われているため、これを直接検索欄に入力する方が目的にたどり着きやすいです(ドル円だけ少し特殊)。

日本の投資家の関心が高いものを書いておきます。

ドル円 JPY=X
ユーロ円 EURJPY=X
ユーロドル EURUSD=X
ポンド円 GBPJPY=X
豪ドル円 AUDJPY=X

 

見られないものはETFで代替するか他のアプリ

2008年に第二世代iPod touchを買ってから10年間試行錯誤を重ねて来たのですが、以下の指数や指標は株価ウィジェットだと表示できませんでした。
これらについては、流動性の高いETFで代替するか、別のアプリで見たほうが良いでしょう。

MSCIの指数

MSCIが算出する株価指数、特にKOKUSAI、Emerging、ACWIは連動するインデックスファンドを保有している人が多く、株価アプリで見たい人が多いはずです。
私もそのクチなので株価アプリで一番最初に試したのですが、MSCIの指数は12年間どう頑張っても出てきませんでした。
そもそもYahooFinanceに出てこないので、2社間に契約が無いのだと推測します。
こういったMSCIの指数については、流動性の高いETFで代替するのが一つの解決方法です。
私はMSCI Emergingの代替として、EEMをずっとウォッチリストに登録しています。
KOKUSAIやWorldはあまり流動性の高いETFが無いため、割り切って日本・新興国含む全世界を見るのもありです。または、厳密にMSCIにこだわらず、FTSEの指数をベンチマークにしているVanguardのETFで代用しても、市況をみる上では大差無いと思います。

新興国株 EEM(MSCI EM)、VWO(FTSE EM)
全世界(新興国含む) ACWI(MSCI ACWI)、VT(FTSE全世界)

なお、かつては米国上場銘柄を検索するためには端末の言語設定を英語に変更する必要がある時期もありましたが、現在では名前かティッカーで検索すれば基本的に見つかるようになっています。
TECL(テックレバ3倍ETF)やHYG(ハイイールド債ETF)のような尖った銘柄もティッカーから検索できます。

金利

上で米国10年債利回りは^TNXで表示できると書きましたが、それ以外の金利はうまく出せませんでした。
日本やドイツの金利(国債利回り)を見たい時は、iOSの純正株価アプリではなく、他のサービスを使うべきです。

私は代替手段として、現在はCNBCのアプリやウェブサイトを参照しています。

かつてはBloombergの無料アプリを使っていましたが、こちらはここ数年で債券利回りの情報がかなり削られてしまいました。

コモディティ(商品)

商品価格では、WTI原油の価格をウォッチしたいという人が多いと思います。

現在は「CL=F」というコードでWTI原油先物「GC=F」金先物価格が表示されます。
この2つは、直近限月の先物の価格を限月交代のたびにつなぎ合わせた「つなぎ足」です。
BloombergのCLAや普段ニュースで見ている先物価格と同じです。
指標として価格動向を見る上ではつなぎ足のチャートはたいへん有用ですが、現実の原油ETFのリターンはつなぎ足のチャートとは大きく異なるため、投資対象として見るのであれば原油ETFの価格も合わせてウォッチするべきです。

また、以下のAppbankの記事にあるように株価アプリでも限月を指定して表示させることが可能です。

例えば、WTI原油先物の2019年2月限(ぎり)の場合は、CLG19.NYMというコードです。
Gが2月ぎりという意味で、この部分が限月ごとに異なります(1月がF、2月がG、3月がH、・・・)。
BloombergのCL1に該当するような、「常に直近限月を参照するティッカー」は無いようです。

TOPIXと東証REIT指数

TOPIXは、かつては998405.Tというコードで出て来たのですが、執筆時点ではデータが表示されない状態です。いつから表示されなくなったのかは分かりません。
日経平均(^N225)か流動性の高いTOPIX連動ETF(1306等)で代替するしかなさそうです。

TOPIXだけでなく東証REIT指数も表示できないため、東証・JPXの意向なのかもしれません。
そうであれば、このようなせこい情報の出し惜しみは、投資対象としての日本株の魅力を低下させる愚行だと考えます。

おわり

iOSの純正株価アプリ(特にウィジェット)は無駄がないデザインで見やすく、サードパーティ製のアプリも一長一短あるため、試行錯誤されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人

ton

2007年から運用会社や金融機関の運用部門で株を中心に見てきました。 現在は運用業務からは離れていて運用は自己資金のみ。 投信の請求目論見書や指数の算出要領からプロダクトの中身に迫るのが好き。

-株価指数
-, ,

© 2021 儲からない投資の知識