株価指数 株式投資

日経平均先物と現物の日経平均の価格乖離(配当と金利と貸株)

2021/3/25

本稿では現物の日経平均株価と日経平均先物の価格乖離がなぜ起こるかについて解説します。 実際の数値例を出しますので、教科書的な知識と現実のブリッジとして読んでいただけると書いた甲斐があります。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 日経平均と日経平均先物の価格乖離1.1 配当と金利と貸株1.2 配当と短期金利でどの程度説明できるか2 おわり 日経平均と日経平均先物の価格乖離 現物株225銘柄から算出される日経平均株価(株価指数)と、日経平均株価を原資産とした先物である日経平均先物の価格は、通常は一致しません ...

ReadMore

株式投資

金利上昇による株価下落でグロース株が特に不利な理由

2021/3/5

本稿では、金利上昇で株価が下落する理由を解説します。 3年前にも似たようなことを書いていますが、現在の局面にあてはめて書きます。 せっかく金利と株価の関係に注目が集まっているのに私の過去記事にはさして流入が無いので悲しいのです。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 金利上昇で株価が下がるメカニズム1.1 金利と株価の関係1.2 配当割引モデルで考える1.2.1 債券への資金流入⇛期待収益率(割引率)の上昇1.2.2 企業業績への影響⇛予想成長率の低下(業種によっては上昇)2 グロース株と金利上昇3 おわ ...

ReadMore

株式投資

東証の流通株式時価総額の定義変更で何が変わるか

2021/2/18

2022年4月に東京証券取引所が市場区分の再編を行います。 現行の市場第一部、第二部、マザーズ、ジャスダックの区分を再編し、「プライム」「スタンダード」「グロース」に再編する計画です。 この中で、東証が上場審査と上場廃止基準で使用する「流通株式」の定義が見直されます。 これは、2019年に実施された金融庁の審議会でも言及されていましたが、2020年12月に東証から変更後の具体的な計算方法が公表されました。 本稿ではこの「流通株式」の定義の変更について、現在の基準との違い等の観点から解説します。 東証の資料 ...

ReadMore

投資信託

アセットマネジメントにおけるデューデリジェンスとは

2021/2/5

金融業界では「デューデリジェンス」という言葉が2つの意味で使われます。 もともとDue Dilligenceという言葉は「適切な注意義務を果たす」「適正な手続きを踏む」というニュアンスの言葉です。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 M&Aにおけるデューデリジェンスと資産運用におけるデューデリジェンス2 アセットマネジメントにおけるデューデリジェンスの全体像2.1 資産運用のデューデリは誰がするか2.2 資産運用のデューデリのフロー2.3 資産運用のデューデリの評価項目2.3.1 定量評価2.3 ...

ReadMore

株価指数

全世界株指数にはREITが含まれているがTOPIXにはJ-REITが含まれない

2021/1/28

本稿では、世界のメジャーな株価指数はREITを含むが、日本で算出されている日経平均やTOPIXにはなぜかJ-REITが含まれていないという問題を掘り下げます。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 S&P500もMSCI ACWIもREITを含む2 TOPIXや日経平均はなぜかREITを含まない2.1 J-REITは名実ともに投資法人(ファンド)なのだ2.2 US-REITはファンドっぽくない3 おわり 青(J-REIT)は藍(US-REIT)よりも青し(Investment Trust)? S& ...

ReadMore

株価指数

バリュー株指数とグロース株指数の計算方法(PBR等で分類)

2021/1/27

本稿では、バリュー株指数やグロース株指数の算出方法を解説します。 日本の投資家が指標として見ることが多い、TOPIX(東証)、ラッセル、MSCIの指数については具体的な算出方法にも触れます。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 バリュー株とグロース株2 「バリュー株指数」と「グロース株指数」2.1 バリュー銘柄、グロース銘柄、そして中間の銘柄2.2 TOPIXのバリューインデックスとグロースインデックス2.3 ラッセルのValue指数とGrowth指数2.4 MSCIのValue IndexとGrowt ...

ReadMore

株価指数

時価総額世界1位のサウジアラムコは指数にどれくらい入っているか(エマージング)

2020/12/7

ちょうど1年前に、サウジアラビアの国営石油会社のサウジアラムコの上場がニュースになっていました。 この時は「時価総額世界最大!アップルやマイクロソフトを上回る!」という報道が多かったので「発行済株式の1.5%しか売り出さない銘柄を全株数ベースの時価総額で騒ぐのはおかしいでしょ」という記事を書きました。 今回はフォローアップとして、アラムコの株数が代表的な株価指数の算出でどう扱われているかをまとめます。 アラムコのMSCIの浮動株比率は1%強 最初にMSCIサウジアラビア指数を見ます。 2020年11月末ベ ...

ReadMore

ファイナンス理論

ビットコインと伝統資産の相関関係(株式、債券、ゴールド、ドル)

2020/12/6

2020年11月末、米ドル建てのビットコイン価格は19,000ドルを超え、2017年末以来の最高値を更新しました。 円建てでも現在200万円近辺で推移しています。 ビットコインに限れば、2017年末から2018年初にかけて参入した出川組のほとんどを救う水準まで回復したことになります。 ※出川組⇛出川哲朗が出演するコインチェックのテレビCMが放映されていたのが、ちょうどビットコインが前回高値をつけた2017年12月頃でした。「兄さんが知らないはずないだろう!」ってやつ。 良い機会なので、ビットコインと伝統資 ...

ReadMore

ETF

全然話題になってない三菱UFJFGのESG/ETNの解説(2070,2071,2072)

2020/11/24

2020年11月26日に、三菱UFJフィナンシャルグループが運用管理するESG関連等の3つのETNが東証に新規上場します。 現在の東証ETNは野村ホールディングスの1社供給なので新規管理会社の参入ですが、これが悲しいほどに話題になっていません。 興味がある人のために、自分がETNの有価証券届出書と指数のメソドロジーを確認して気づいた事項をまとめます。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 ETNの銘柄概要2 ETN-JDRの上場形態(ストラクチャー)3 指数の詳細3.1 (前提1)STOXX JAPAN ...

ReadMore

ETF

時価52兆円の東証ETF市場の見取り図(ETF/ETN組成形態別の銘柄数と時価総額)

2020/11/17

東証のETF・ETN市場の2020年11月時点の時価総額はおおむね52兆円です。 興味があって組成形態(上場形態)別の銘柄数と時価残高をまとめたので本稿で解説します。 特に海外との重複上場の形態について、JDR形態のもの(UBSの欧米株関連ファンド)と非JDR形態のもの(SPY=1557やGLD=1326)に分けてまとめたものはあまり見ないので、興味がある方は参考にしてください。 東証ETF・ETNの商品形態別銘柄数および時価残高 東証上場ETFの銘柄数および時価総額別の内訳は以下の通り。 時価は複数日に ...

ReadMore

ETF

時価52兆円の東証ETF市場の見取り図(ETF/ETN組成形態別の銘柄数と時価総額)

東証のETF・ETN市場の2020年11月時点の時価総額はおおむね52兆円です。
興味があって組成形態(上場形態)別の銘柄数と時価残高をまとめたので本稿で解説します。
特に海外との重複上場の形態について、JDR形態のもの(UBSの欧米株関連ファンド)と非JDR形態のもの(SPY=1557やGLD=1326)に分けてまとめたものはあまり見ないので、興味がある方は参考にしてください。

東証ETF・ETNの商品形態別銘柄数および時価残高

東証上場ETFの銘柄数および時価総額別の内訳は以下の通り。
時価は複数日にまたがって取得したり計算の途中で丸めているため厳密な値ではありません。
「2020年11月第2週のもの」程度のおおまかな指標として見てください。

ETFとETN

まず、ETF(上場投資信託)ETN(上場指数連動債券)の別に着目します。
執筆時点で東証には、ETF・ETN合わせて259銘柄が上場しており、235銘柄がETF24銘柄がETNです。
このうち、ETFの残高はおおむね51.7兆円(+α)ETNの残高は2,700億円程度です。
最も残高が大きな東証上場ETNは、証券コード2038の「ドバイ原油先物ダブル・ブルETN」で、1,420億円程度の残高があります。
当ブログでもこのETNの解説記事には多数のアクセスがあります。

2038原油ダブルブルETNとWTI原油の乖離について(東商取は期先が中心限月)

本稿では、東証上場ETNのNEXT NOTES日経・TOCOM原油ダブル・ブル(2038)が報道ベースの原油先物価格の2倍になっていないよう ...

続きを見る

ちなみに、ETNでは債券の残存償還価額総額というものが投信形態のETFにおける純資産総額に相当します。
投資情報サイトでは出ていないことが多いですが、発行体のウェブサイトや適時開示で確認できます。

ETFの内訳(投資信託と信託と重複上場)

続いてETFの内訳を見ていきます。

国内籍の投資信託

東証上場ETF235銘柄のうち194銘柄が、日本の投信法(投資信託及び投資法人に関する法律)に基づく投資信託として組成されているファンドです。
証券会社で販売している公募投信と同じ仕組みで組成されたファンドが証券取引所に上場しているものだと考えて差し支えありません。
この194銘柄の時価残高が51.7兆円です。
断り書きなしに「東証ETF市場」といった場合はこれらのことを指す場合が多い印象です。

上場信託受益権

金融商品としての取り扱いはほぼ投信形態のETFと同じものの、若干毛色が異なるのが「上場信託受益権」4銘柄です。
三菱UFJ信託銀行が「金の果実シリーズ」という愛称で、金、銀、プラチナ、パラジウムといった貴金属の現物を裏付けにした信託受益権を発行し東証に上場させています。
特に、金に連動する1540は残高が1,400億円を超える、東証で最も売買が盛んなゴールド連動ETFです。
これらは投信法に基づく投資信託ではありませんが、投信形態のETFと同様の取引方法や税制(分離課税・特定口座OK)が適用されます。

海外との重複上場銘柄

上記の2つは日本国内で設定されているファンドですが、これとは別に海外の証券取引所との重複上場銘柄が37銘柄あります。
このうち25銘柄が非JDR形態12銘柄がJDR(Japanese Depository Receipt)形態です。
JDRというのは、海外のADR(米国)やGDR(ロンドン)のような預託証券に類似した証券の流通ができるよう10年くらい前に導入された仕組みで、信託銀行が海外で発行された証券を裏付けにした信託受益権を発行し、それが東証に上場するという形態です。
ただ、それ以前から東証ではDR形態に依らない重複上場が可能だったため、現在では非JDR形態の重複上場とJDR形態の重複上場が混在しています。
非JDRのものは取引にあたって外国証券取引口座の開設が必要等の違いがありますが、違いを意識していない投資家も多いと思います。

東証上場の海外ETFで知名度が高いものはステート・ストリート(SSGA)のS&P500連動ETFのSPYと金ETFのGLDです。
それぞれ、本家米国では最古にして最大のS&P500連動とゴールド連動のETFであり、SPYが証券コード1557、GLDが証券コード1326として重複上場しています
この2銘柄はどちらも非JDR形態で東証に重複上場しています。

さて、重複上場銘柄の東証における時価残高(≒東証で買った投資家による保有量)を計算することは容易ではありません。投資情報サイトや証券会社の銘柄情報でも出てこないところが多いはずです。
まず、JDR形態のものは手間はかかるものの適時開示から丁寧に拾って計算すれば分かります。過程は省きますが、JDR重複上場12ファンドの東証における残高は概ね25億円程度でした。
私見ですがBlackRock(2017年撤退)に続くところが出てきてもおかしくないレベルの残高だと思います。
一方、非JDR形態の重複上場銘柄については、公表情報から東証における時価残高を知ることは不可能です。分配金支払いのためにSSGA等の運用会社は把握しているはずですが、この情報はファンドの開示資料に出てきません。
なお、ソースによっては1557の時価総額が33兆円くらいになっていますが、これはもちろんSPY全体の数字です。
執筆者のカンでは、東証で買った保有者の残高は25銘柄合わせても数千億円程度と推測します。

国内籍投信形態のETFの運用対象別の内訳

続いて、国内籍投資信託形態のETF194銘柄51.7超円について、運用対象資産別の内訳を見ていきます。
(前掲の表と少し数字が異なりますが、時点は同じです。数字を丸めるの雑にやってしまいました。)

51.8兆円中50.4兆円、97%が日本株・J-REITのファンドです。
なんの面白みもない結果です。終わり。

これは決して日本の投資家が法人も個人も日本株が大好きだからではなく、日銀が金融政策で日本株のETFをしこたま購入しているためです。
日銀の買い入れ対象であるTOPIX・日経平均・JPX日経400連動ETFの残高上位20ファンドの時価総額を合計すると、それだけで48兆円になります。

一方、これだけ米国株・海外株式投資ブームの割に外国株式・外国REITの残高が2,800億円程度しかないのはやや意外でした。
現地終値ベースの基準価額で必ず約定する公募投信や、米国市場の取引時間中に執行できる米国上場ETFが投資家に選好されているためなのでしょう。
一応、東証でもiNAV(取引時間中の参考基準価額,Indicative Net Asset Value)が算出されるようになって結構たちますが、外国株のETFでiNAVが利用できるものは少数です。特に、MSCIコクサイ等の広域外国株のファンドはiNAV算出対象外です。
(おそらく、日本で組成されている外国株ETFは基本的に金銭による設定・解約のみのため、iNAVの計算の根拠となるクリエーションバスケット(ETFと交換できる現物株のポートフォリオ)を定義していないからでしょう。)

おわり

実際に手を動かして見ると、報道で言われている以上に、東証ETFの残高増加は日銀手動で全然盛り上がっていないようは気がしてきました。

東証ETF市場のざっくりとした規模感について興味がある方の参考になれば嬉しく思います。

 

  • この記事を書いた人

ton

2007年から運用会社や金融機関の運用部門で株を中心に見てきました。 現在は運用業務からは離れていて運用は自己資金のみ。 投信の請求目論見書や指数の算出要領からプロダクトの中身に迫るのが好き。

-ETF
-, ,

© 2021 儲からない投資の知識