株式投資

iOS14の株価ウィジェットの注意点と暫定的な対処(表示銘柄数が減る)

2020/9/20

日本時間の9月18日頃から、iPhoneの最新OSであるiOS14にアップデート可能になりました。 目新しい新機能はいろいろありますが、株価ウィジェットの仕様に注意が必要だと感じたので記事します。 一応当ブログは「iOS 株価 TOPIX」で検索すると最上位近くにあらわれるiOS株価ウィジェットのオーソリティサイトです(大言壮語)。 銘柄数が減る(最大12銘柄⇛6銘柄に) iOSの株価ウィジェットは歴史的に、 純正の「株価アプリ」のウォッチリストに登録した銘柄を上から順にいくつか表示する という挙動をして ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

みずほFGの事例で株式併合と単元未満株と端株を解説

2020/9/19

みずほフィナンシャルグループが、2020年10月1日付けで10対1の株式併合を行います。 本稿では、株式併合の注意点について本件を題材に解説します。 「単元未満株式の取り扱い」「端数の処理代金」「なぜ会社は株式併合をするのか」についても解説します。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 株式併合とは1.1 会社法の規定1.2 みずほFGの併合のスケジュール2 株式併合の論点2.1 単元株制度との取引所の売買単位2.1.1 会社法における単元株式制度2.1.2 単元株数と売買単位のリンク2.2 端株の取り扱 ...

ReadMore

株式投資

ソフトバンクのオプション取引のニュースを理解するためだけのオプションの解説

2020/9/6

2020年9月4日、米国株が主力ハイテク銘柄を中心に調整するムードの中、ソフトバンクグループのオプション取引の報道が世界中に流れました。 もとの報道は英Financial Timesです。 www.ft.com  2 usersSubscribe to read | Financial Timeshttps://www.ft.com/content/75587aa6-1f1f-4e9d-b334-3ff866753fa2News, analysis and comment from t ...

ReadMore

ETF

バンガード日本撤退の国内個人投資家への影響

2020/8/28

2020年8月26日、大手運用会社のバンガード・グループが日本市場からの撤退を発表しました。 JP  5 users米バンガード、日本と香港から撤退へ 中国本土に重点https://jp.reuters.com/article/vanguard-hongkong-exit-idJPKBN25M1A0米資産運用会社バンガード・グループは26日、日本と香港から撤退すると発表した。香港上場投資信託(ETF)の取り扱いも中止する。 翌27日に日本法人であるバンガード・インベストメンツ・ジャパン ...

ReadMore

株価指数 取引・配当・コーポレートアクション

ダウ工業株30種平均の計算方法(算出要領の概説や日経平均との違い)

2020/8/26

ダウ工業株30種平均の算出方法を具体的に解説します。 計算方法にフォーカスして、算出者のS&Pダウ・ジョーンズインデックス社が公表するメソドロジー(算出要領)の相応に深いところにも言及します。 その代わりに「1896年に12銘柄で始まった」等の定性的な情報は本稿では取り上げません。すでに巷に溢れていますので。 ちょうど2020年8月末にアップルの株式分割(ウェイト大幅低下)と象徴的な銘柄入替えを控えているため基本を見ておくには良い機会だと思います。 参考:2020年8月31日基準の銘柄入替え IN ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

Appleとテスラの株式分割の注意点(Record Date≠日本株の基準日)

2020/8/24

時価総額世界最大のAppleと、時価総額世界最大の自動車メーカーのテスラが2020年8月に株式分割を行います。 報道では、Appleの株式分割は「8月24日が基準日・分割後ベースの取引は8月31日から」と書かれています(テスラは8月21日が基準日・分割後ベースの取引は8月31日)。 Bloomberg.com  4 usersアップル、1対4の株式分割発表-株価400ドルに迫る大幅上昇でhttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07- ...

ReadMore

ファイナンス理論

Excelによるアセットアロケーションの最適化計算

2020/7/31

本稿では、教科書的なアセットアロケーションの最適化計算をEXCELで行う際のアプローチについて解説します。 全世界株、米ドル建債券、ゴールドの3資産のケースを例に、EXCELのソルバー機能を使って最小分散ポートフォリオとシャープレシオ最大化を計算します(効率的フロンティアは今回は無し)。 実際に手を動かして「最適化」と言っても快刀乱麻を断つようなソリューションではなく、インプットする数字や最適化指標の選択に大きく左右されるものだという実感を持っていただければ嬉しく思います。 目次(クリックで各項目にジャン ...

ReadMore

ETF

ETFの換金売りはなぜ7月上旬なのか(ETFの決算分配金のフロー)

2020/7/15

7月上旬の市況コメントには「ETFの換金売りが重石」というコメントがよく出てきます。 例えば以下のロイターの7月7日の記事には、 JP〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、ETF分配金の換金売りを警戒https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-idJPL4N2EE10N<13:15> 日経平均は下げ幅拡大、ETF分配金の換金売りを警戒 日経平均は下げ幅を広げ、前場の安値に接近してきた。目新しい売り材料はないものの、8日と10日に指数連動型ETF(上場投信)の分 ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

伊藤忠のファミマTOBに見るインデックス運用の時代

2020/7/9

2020年7月8日、伊藤忠商事は子会社のファミリーマート株式のTOBを公表しました。 TOB成立後に少数株主をスクイーズアウトし伊藤忠の100%子会社とし、最終的にファミリーマート株式の4.9%をJAグループ(JA全農と農林中金)に譲渡する事業再編計画の一環として実施します。 これに関して、伊藤忠の適時開示に目を通したところ、 「TOBの下限株数の決定には、ファミリーマート株式のパッシブファンドによる保有が30%見込まれることを考慮した」 という旨の記載があります。 インデックス運用の普及と日銀のETF買 ...

ReadMore

株式投資

ユニリーバの英蘭重複上場(二元上場)の解説

2020/7/8

本稿では、大手日用品メーカーであるユニリーバの英蘭二元上場と言われる体制について解説します。英豪系鉱山会社BHPもこの体制です。 同社は2020年中を目途に本社をイギリスに統合すると発表しましたが、これを理解するためには同社の特徴的な重複上場形態の理解が必要です。また、米国上場ADRやNYRSでユニリーバに投資する日本人投資家の現地源泉税の相違もこれに起因しています。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 ユニリーバの本社機能の統合2 ユニリーバの英蘭二元上場と一般的な重複上場・DRの違い2.1 2つの法 ...

ReadMore

投資信託

ロボアドに向く人、投信積立でいい人

ロボアド(ロボットアドバイザー)というのは、いくつかの質問に答えると、資産運用の提案をしてくれるサービスです。例えば、以下はかなり質問項目が少ないロボアドの一例です。

リンク:三菱UFJ国際投信PORTSTAR

https://portstar.mukam.jp/index.html

5個の質問に回答すると、おすすめのアロケーション(日本株、外株、外国債券、REITなどへの資産配分)と、それに近い運用をするバランス型ファンドを推奨してくれるというものです。

他の証券会社や専業の会社のものも試してみましたが、質問の数は様々で、多いものだと20個くらいありました。

投資家自身がどういうリスク・リターンを望むかということに加えて、年齢、収入の見通し、投資経験などを聞いてきます。これらの質問は基本的に、投資家(あなたのことです)がどれくらいのリスクを取れるかを見ています。

ロボアドは、投資家の許容できるリスクの範囲内で、期待収益率を最大にして、ポートフォリオの値動きを最小にするような組み合わせを提案するのです。

本稿では、ロボアドの中身について考察し、ロボアドと投信積立のどちらが良いかを見ていきます。

 

ロボアドの中身

ロボアドの中身は、①資産配分の最適化②売買執行という2つのプロセスに分かれると考えています。

資産配分の最適化

ロボアドはフィンテックに分類されることが多いですが、機械学習などのAIを利用したアプローチではなく、20世紀後半に発展したポートフォリオ選択理論をもとにしています。

ロボアドのロジックを表に出している会社はあまりありませんが、日本における先駆的企業の一つであるWEALTHNAVIのホワイトペーパーは、同社の最適化のロジックについて明快に開示しています。

https://www.wealthnavi.com/image/WealthNavi_WhitePaper.pdf

かいつまんで言うと、投資商品のリスクについては過去の値動きをもとにしています。一方で、各資産の期待収益率については、過去の数字ではなく、現在の各資産の時価総額をもとに推計した収益率を使っています。Black-Littermanモデルと言います。

これに、投資家への質問で得た投資家のリスク許容度と、各資産への配分が極端にならないような上限を織り込んで計算することで、投資家に合ったポートフォリオを提案するというわけです。

(この手の最適化問題は、投資比率の上限を入れないと、空売りやレバレッジを含めたすごく極端な投資比率が出てきてしまいます。)

この最適化計算自体は、凄く頑張ればEXCELで出来てしまうので、ちゃんと勉強すれば個人でも出来ます。あまり知られていませんがエクセルでも行列計算ができます。

売買執行

ロボアドのもう一つのキモは、執行機能です。最初にロボアドの指定する通りの配分で運用を始めても、その後の株価や債券の値動きによって、当初の配分比率からズレてきます。そのため、お金をとってロボアドを提供するサービスでは、投資比率の修正、つまり比率の増えた資産を売って、比率の下がった資産を買い増すという行動をしてくれます(リバランス)。また、毎月一定額を追加投資する(積立る)ニーズにも対応していることがほとんどです。

お金のデザイン社のTHEOや前述のWEALTHNAVI社のようなロボアド専業の会社は、海外上場ETFを投資対象としています。また、楽天証券の楽ラップのような、ネット証券の提供するロボアドは、自社で販売する公募投資信託を対象にしています。公募投信がノーロードであれば、売買執行のコストは外国ETFの方が高いので、専業のサービスプロバイダーの方がロボアド自体の管理費用は高い傾向にあります。ただし、公募投信は海外上場ETFと比べるとファンド自体の信託報酬が高いので、出来上がりのコストはあまり変わらないのかもしれません。

いずれにせよ、投資後のリバランスや積立への対応といった売買執行が、ロボアドの2つ目の重要な機能です。

 

ロボアドと投信積立どっちがいいか

ロボアドと投信積立どっちが良いかを考えるうえでも、上の2つの切り口が役に立つと思います。

①資産配分(アロケーション)をロボアドに決めてもらいたいか

いろんな資産への投資比率を自分で決めたい、または、そのために手数料を払う意義が見出だせないという方は、投信積立が良いと思います。

ただし、最適化計算は頑張ればエクセルでも出来ると言いましたが、配当込みの各資産のデータを揃えて行列計算とソルバーを駆使して計算するのは、エクセル慣れしてる人でもかなりハードルが高いです。数学的な最適化に基づいたグローバルな分散投資のメリットに手数料が見合うと考えるのであれば、ロボアドは魅力的なサービスだと思います。

もっとも、その場合でも、バランス型ファンドとの手数料の比較は必要です。この分野のパイオニアであるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの信託報酬は0.68%±0.03%ということですし、最近は積立NISA用に低コストのバランスファンドが増えています。

②リバランスの手間をどうするか

インデックスファンドで積立投資して、年に一回くらい自分で比率を調整すれば良いという人や、そもそもリバランスは不要だと考える人は、投信積立で十分です。

逆に、自分で売買するのが面倒な人や、定期的なリバランスが運用パフォーマンスを高めそうだと考える投資家はロボアドが魅力的に見えると思います。もちろん、その場合でもバランスファンドとの比較はした方がいいかもしれません。リバランス機能に0.20%くらいお金を出すのはそれなりに合理的かもしれません。

(例えば500万円分投資していたとすると、0.20%は1万円です。1万円で年に数回リバランスしてくれるんならそこまで悪くない気もします)

 

☆☆★

いかがでしたでしょうか。

ロボアドというと先端技術のような印象がありますが、やってることはそこまで新しいことではありません。イメージに惑わされず、自分のニーズとコストを比較して決めると良いと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

ton

2007年から運用会社や金融機関の運用部門で株を中心に見てきました。 現在は運用業務からは離れていて運用は自己資金のみ。 投信の請求目論見書や指数の算出要領からプロダクトの中身に迫るのが好き。

-投資信託
-,

© 2020 儲からない投資の知識