株式投資

iOS14の株価ウィジェットの注意点と暫定的な対処(表示銘柄数が減る)

2020/9/20

日本時間の9月18日頃から、iPhoneの最新OSであるiOS14にアップデート可能になりました。 目新しい新機能はいろいろありますが、株価ウィジェットの仕様に注意が必要だと感じたので記事します。 一応当ブログは「iOS 株価 TOPIX」で検索すると最上位近くにあらわれるiOS株価ウィジェットのオーソリティサイトです(大言壮語)。 銘柄数が減る(最大12銘柄⇛6銘柄に) iOSの株価ウィジェットは歴史的に、 純正の「株価アプリ」のウォッチリストに登録した銘柄を上から順にいくつか表示する という挙動をして ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

みずほFGの事例で株式併合と単元未満株と端株を解説

2020/9/19

みずほフィナンシャルグループが、2020年10月1日付けで10対1の株式併合を行います。 本稿では、株式併合の注意点について本件を題材に解説します。 「単元未満株式の取り扱い」「端数の処理代金」「なぜ会社は株式併合をするのか」についても解説します。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 株式併合とは1.1 会社法の規定1.2 みずほFGの併合のスケジュール2 株式併合の論点2.1 単元株制度との取引所の売買単位2.1.1 会社法における単元株式制度2.1.2 単元株数と売買単位のリンク2.2 端株の取り扱 ...

ReadMore

株式投資

ソフトバンクのオプション取引のニュースを理解するためだけのオプションの解説

2020/9/6

2020年9月4日、米国株が主力ハイテク銘柄を中心に調整するムードの中、ソフトバンクグループのオプション取引の報道が世界中に流れました。 もとの報道は英Financial Timesです。 www.ft.com  2 usersSubscribe to read | Financial Timeshttps://www.ft.com/content/75587aa6-1f1f-4e9d-b334-3ff866753fa2News, analysis and comment from t ...

ReadMore

ETF

バンガード日本撤退の国内個人投資家への影響

2020/8/28

2020年8月26日、大手運用会社のバンガード・グループが日本市場からの撤退を発表しました。 JP  5 users米バンガード、日本と香港から撤退へ 中国本土に重点https://jp.reuters.com/article/vanguard-hongkong-exit-idJPKBN25M1A0米資産運用会社バンガード・グループは26日、日本と香港から撤退すると発表した。香港上場投資信託(ETF)の取り扱いも中止する。 翌27日に日本法人であるバンガード・インベストメンツ・ジャパン ...

ReadMore

株価指数 取引・配当・コーポレートアクション

ダウ工業株30種平均の計算方法(算出要領の概説や日経平均との違い)

2020/8/26

ダウ工業株30種平均の算出方法を具体的に解説します。 計算方法にフォーカスして、算出者のS&Pダウ・ジョーンズインデックス社が公表するメソドロジー(算出要領)の相応に深いところにも言及します。 その代わりに「1896年に12銘柄で始まった」等の定性的な情報は本稿では取り上げません。すでに巷に溢れていますので。 ちょうど2020年8月末にアップルの株式分割(ウェイト大幅低下)と象徴的な銘柄入替えを控えているため基本を見ておくには良い機会だと思います。 参考:2020年8月31日基準の銘柄入替え IN ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

Appleとテスラの株式分割の注意点(Record Date≠日本株の基準日)

2020/8/24

時価総額世界最大のAppleと、時価総額世界最大の自動車メーカーのテスラが2020年8月に株式分割を行います。 報道では、Appleの株式分割は「8月24日が基準日・分割後ベースの取引は8月31日から」と書かれています(テスラは8月21日が基準日・分割後ベースの取引は8月31日)。 Bloomberg.com  4 usersアップル、1対4の株式分割発表-株価400ドルに迫る大幅上昇でhttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07- ...

ReadMore

ファイナンス理論

Excelによるアセットアロケーションの最適化計算

2020/7/31

本稿では、教科書的なアセットアロケーションの最適化計算をEXCELで行う際のアプローチについて解説します。 全世界株、米ドル建債券、ゴールドの3資産のケースを例に、EXCELのソルバー機能を使って最小分散ポートフォリオとシャープレシオ最大化を計算します(効率的フロンティアは今回は無し)。 実際に手を動かして「最適化」と言っても快刀乱麻を断つようなソリューションではなく、インプットする数字や最適化指標の選択に大きく左右されるものだという実感を持っていただければ嬉しく思います。 目次(クリックで各項目にジャン ...

ReadMore

ETF

ETFの換金売りはなぜ7月上旬なのか(ETFの決算分配金のフロー)

2020/7/15

7月上旬の市況コメントには「ETFの換金売りが重石」というコメントがよく出てきます。 例えば以下のロイターの7月7日の記事には、 JP〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、ETF分配金の換金売りを警戒https://jp.reuters.com/article/tokyo-stx-idJPL4N2EE10N<13:15> 日経平均は下げ幅拡大、ETF分配金の換金売りを警戒 日経平均は下げ幅を広げ、前場の安値に接近してきた。目新しい売り材料はないものの、8日と10日に指数連動型ETF(上場投信)の分 ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

伊藤忠のファミマTOBに見るインデックス運用の時代

2020/7/9

2020年7月8日、伊藤忠商事は子会社のファミリーマート株式のTOBを公表しました。 TOB成立後に少数株主をスクイーズアウトし伊藤忠の100%子会社とし、最終的にファミリーマート株式の4.9%をJAグループ(JA全農と農林中金)に譲渡する事業再編計画の一環として実施します。 これに関して、伊藤忠の適時開示に目を通したところ、 「TOBの下限株数の決定には、ファミリーマート株式のパッシブファンドによる保有が30%見込まれることを考慮した」 という旨の記載があります。 インデックス運用の普及と日銀のETF買 ...

ReadMore

株式投資

ユニリーバの英蘭重複上場(二元上場)の解説

2020/7/8

本稿では、大手日用品メーカーであるユニリーバの英蘭二元上場と言われる体制について解説します。英豪系鉱山会社BHPもこの体制です。 同社は2020年中を目途に本社をイギリスに統合すると発表しましたが、これを理解するためには同社の特徴的な重複上場形態の理解が必要です。また、米国上場ADRやNYRSでユニリーバに投資する日本人投資家の現地源泉税の相違もこれに起因しています。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 ユニリーバの本社機能の統合2 ユニリーバの英蘭二元上場と一般的な重複上場・DRの違い2.1 2つの法 ...

ReadMore

本と映画

Amazonオリジナルの経済ドキュメンタリー「ジャイアント・ビースト」が面白かった

Amazonのプライムビデオで配信されているオリジナルの経済ドキュメンタリーが面白かったので紹介します。

最近では以前ほどAmazonで買い物をしなくなったのですが、プライムビデオとミュージック目当てに惰性でプライム会員を続けています。

ジャイアント・ビースト ~グローバル経済の謎を解き明かせ~

紹介するのは「ジャイアント・ビースト ~グローバル経済の謎を解き明かせ~」という作品です。


出所:Amazon.co.jp

2019年に米国で公開された新しい作品ですが、字幕版がすでに日本のプライムビデオでも公開されています。40~45分の8つのエピソードで構成されています。
原題は「This Giant Beast That is The Global Economy」。複雑かつダイナミックに動く経済活動を巨大な獣に例えています

主演はカル・ペンというインド系アメリカ人の俳優です。
もともと映画やドラマに出ていた俳優ですが、2009年から2011年までオバマ政権のスタッフ(広報部アソシエイトディレクター)としてホワイトハウスで働いていたという異色の経歴の持ち主です。

おすすめポイント

私のおすすめポイントは以下の2点です。

テーマ選択の面白さ

1つ目は、扱っているテーマの幅が広いことです。

本作の8つのエピソードでは、それぞれ異なったテーマを扱っています。
マネーロンダリング、金持ちとサイコパスの相関、ゴム産業、AI、偽物ビジネス、人間の死に関するビジネス、貨幣の本質、汚職

犯罪に該当するようなダーティなトピックから現在進行系のビジネスの話まで、幅広い範囲を取り扱っています。続きものは無いため、1話目から見ることも興味のある回から見始めることもできます。
自分が興味深いと感じたエピソードは後述します。

活字ベースの知識に映像を与えてくれる

本作では、カル・ペンが様々な識者や実務家と対談するために、米国だけでなく欧州、アジア、中東など世界の様々な国を訪れます
この世界各地の経済活動(研究所や法律事務所から農場やアダルトグッズ工場まで)の様子が映像で見られることが2つ目のおすすめポイントです。

経済に関する知識は活字でインプットすることが多くなりがちです。そのため、すでに知っている情報でも実際の場所を映像で見ると、活字だけだった情報に背景の画像が与えられ、点と点がつながるような面白さがあります。

例えば、本作の1話はマネー・ロンダリングを扱っています。
「キプロスは富裕なロシア人の資金洗浄・租税回避のための資金を受け入れている。」
ということを知識としてはすでに知っていても、本作で実際にキプロスの美しいビーチのコンドミニアム(マネロンのために取引する)法人設立を手掛ける法律事務所を取材する映像が出てくると、知識と現地の映像がリンクする面白さがあります。

そういった意味で、前項に挙げた8つのテーマにすでに知識を持っている人が見ても、新しい発見や点と点がつながる面白さがあるでしょう。これはまさに映像の力だと思います。

イマイチポイント

逆に、イマイチポイントは以下の2つです。

主演者の芸風

そういうキャラなのかもしれませんが、カル・ペンが真面目な対談相手に茶化すようなジョークを言ったり、大声でオーバーに笑うところが1話に1回くらいずつあります。これは結構人を選ぶかもしれません。自分は寒いと感じました

専門用語の解説の演出

専門用語(例えば「ブロックチェーン」など)の解説の時に、場面を切り替えての寸劇が挿入されます。経済オタクだけではない幅広い視聴者が楽しめるドキュメンタリー・バラエティを目指したための工夫だと思いますが、自分は好きではありません。寸劇のスタイルにすることでわかりやすくなっているとも思えませんでした。

これは、マイケル・ルイスの著作をもとにした2015年の映画「The Big Short」(邦題:マネー・ショート 華麗なる大逆転)でも使われていた手法です。

本作でもThe Big Shortの監督のアダム・マッケイがプロデューサーにクレジットされているので、Amazonからそういうコンセプトで依頼された作品なのかもしれません。

おすすめエピソード

最後に、自分が特に面白いと感じたエピソードを紹介します。

エピソード3:ゴムのお話
単純に知らなかったので面白かったトピック。天然ゴム(これがなければ車は走れず飛行機も飛べない)を産出するゴムの木は単一性のクローンであり、病気が蔓延して産出量が激減するリスクがある。これに皆が目をつむりながら産業が成り立っているという。

エピソード4:偽物が経済を脅かす(そして発展もさせる)
偽札や偽ブランド品を取り巻く経済についての回。特に、2016年のインドの高額紙幣の廃止の背景と影響について詳しく取り上げられていて面白い。

エピソード7:お金って紙くず?
「貨幣に信用を与えているのは何か?」という根源的な問いから、ゴールドやビットコインまで取り上げる。例えば、金は長い歴史で見ればほぼ完璧な購買力平価である。西暦0年には金1オンスで当時は貴重品だった服が一式買えた。西暦1500年には兵士の鎧一式が買えた。現代ではゴールド1オンスは1,300-1,500ドル。高級な服を一式そろえることが出来る。

おわり

以上です。気になっていた方の参考になれば嬉しいです。
プライムビデオは、ドキュメンタリーが弱いと感じていたので、こういうコンテンツがもっと増えて欲しいです。

 

  • この記事を書いた人

ton

2007年から運用会社や金融機関の運用部門で株を中心に見てきました。 現在は運用業務からは離れていて運用は自己資金のみ。 投信の請求目論見書や指数の算出要領からプロダクトの中身に迫るのが好き。

-本と映画
-,

© 2020 儲からない投資の知識