ETF

全然話題になってない三菱UFJFGのESG/ETNの解説(2070,2071,2072)

2020/11/24

2020年11月26日に、三菱UFJフィナンシャルグループが運用管理するESG関連等の3つのETNが東証に新規上場します。 現在の東証ETNは野村ホールディングスの1社供給なので新規管理会社の参入ですが、これが悲しいほどに話題になっていません。 興味がある人のために、自分がETNの有価証券届出書と指数のメソドロジーを確認して気づいた事項をまとめます。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 ETNの銘柄概要2 ETN-JDRの上場形態(ストラクチャー)3 指数の詳細3.1 (前提1)STOXX JAPAN ...

ReadMore

ETF

時価52兆円の東証ETF市場の見取り図(ETF/ETN組成形態別の銘柄数と時価総額)

2020/11/17

東証のETF・ETN市場の2020年11月時点の時価総額はおおむね52兆円です。 興味があって組成形態(上場形態)別の銘柄数と時価残高をまとめたので本稿で解説します。 特に海外との重複上場の形態について、JDR形態のもの(UBSの欧米株関連ファンド)と非JDR形態のもの(SPY=1557やGLD=1326)に分けてまとめたものはあまり見ないので、興味がある方は参考にしてください。 東証ETF・ETNの商品形態別銘柄数および時価残高 東証上場ETFの銘柄数および時価総額別の内訳は以下の通り。 時価は複数日に ...

ReadMore

ETF

東証ETF解説:1570NF日経平均レバレッジETF

2020/10/26

ネタに困ったので、東証上場ETFを順番に解説する企画を始めます。 楽天証券の買付代金ランキング・保有残高ランキングを参考に注目度が高い50銘柄を取り上げたいと考えてます。 似たようなことやってる人は多いと思いますが、仕事でファンドや運用会社のデューデリジェンス(調査)をしていた人間が書くものはあんまりないと思うので参考にしてネ。 一発目は1570日経平均レバレッジETFです。 良くも悪くも現在の日本のETF市場はこれ抜きには語れません。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 ファンド基本データ2 パフォー ...

ReadMore

株式投資

ドコモのTOBで学ぶヘッジファンドのM&Aアービトラージ

2020/10/1

2020年9月30日から、日本電信電話(NTT)は子会社のNTTドコモ株式のTOBを開始しました。 本稿では、このTOBを題材にヘッジファンドの戦略の一つであるM&Aアービトラージ(裁定取引)を解説します。 TOB初日のドコモ株式の市場終値は3,885円となり、ほぼTOB価格の3,900円近辺まで上昇しました。 この差額の15円に関する取引の解説です。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 TOBの条件2 TOB価格と市場価格の乖離3 市場価格とTOB価格の乖離を取る取引3.1 M&Aアー ...

ReadMore

株式投資

iOS14の株価ウィジェットの注意点と暫定的な対処(表示銘柄数が減る)

2020/9/20

日本時間の9月18日頃から、iPhoneの最新OSであるiOS14にアップデート可能になりました。 目新しい新機能はいろいろありますが、株価ウィジェットの仕様に注意が必要だと感じたので記事します。 一応当ブログは「iOS 株価 TOPIX」で検索すると最上位近くにあらわれるiOS株価ウィジェットのオーソリティサイトです(大言壮語)。 銘柄数が減る(最大12銘柄⇛6銘柄に) iOSの株価ウィジェットは歴史的に、 純正の「株価アプリ」のウォッチリストに登録した銘柄を上から順にいくつか表示する という挙動をして ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

みずほFGの事例で株式併合と単元未満株と端株を解説

2020/9/19

みずほフィナンシャルグループが、2020年10月1日付けで10対1の株式併合を行います。 本稿では、株式併合の注意点について本件を題材に解説します。 「単元未満株式の取り扱い」「端数の処理代金」「なぜ会社は株式併合をするのか」についても解説します。 目次(クリックで各項目にジャンプ)1 株式併合とは1.1 会社法の規定1.2 みずほFGの併合のスケジュール2 株式併合の論点2.1 単元株制度との取引所の売買単位2.1.1 会社法における単元株式制度2.1.2 単元株数と売買単位のリンク2.2 端株の取り扱 ...

ReadMore

株式投資

ソフトバンクのオプション取引のニュースを理解するためだけのオプションの解説

2020/9/6

2020年9月4日、米国株が主力ハイテク銘柄を中心に調整するムードの中、ソフトバンクグループのオプション取引の報道が世界中に流れました。 もとの報道は英Financial Timesです。 www.ft.com  2 usersSubscribe to read | Financial Timeshttps://www.ft.com/content/75587aa6-1f1f-4e9d-b334-3ff866753fa2News, analysis and comment from t ...

ReadMore

ETF

バンガード日本撤退の国内個人投資家への影響

2020/8/28

2020年8月26日、大手運用会社のバンガード・グループが日本市場からの撤退を発表しました。 JP  5 users米バンガード、日本と香港から撤退へ 中国本土に重点https://jp.reuters.com/article/vanguard-hongkong-exit-idJPKBN25M1A0米資産運用会社バンガード・グループは26日、日本と香港から撤退すると発表した。香港上場投資信託(ETF)の取り扱いも中止する。 翌27日に日本法人であるバンガード・インベストメンツ・ジャパン ...

ReadMore

株価指数 取引・配当・コーポレートアクション

ダウ工業株30種平均の計算方法(算出要領の概説や日経平均との違い)

2020/8/26

ダウ工業株30種平均の算出方法を具体的に解説します。 計算方法にフォーカスして、算出者のS&Pダウ・ジョーンズインデックス社が公表するメソドロジー(算出要領)の相応に深いところにも言及します。 その代わりに「1896年に12銘柄で始まった」等の定性的な情報は本稿では取り上げません。すでに巷に溢れていますので。 ちょうど2020年8月末にアップルの株式分割(ウェイト大幅低下)と象徴的な銘柄入替えを控えているため基本を見ておくには良い機会だと思います。 参考:2020年8月31日基準の銘柄入替え IN ...

ReadMore

取引・配当・コーポレートアクション

Appleとテスラの株式分割の注意点(Record Date≠日本株の基準日)

2020/8/24

時価総額世界最大のAppleと、時価総額世界最大の自動車メーカーのテスラが2020年8月に株式分割を行います。 報道では、Appleの株式分割は「8月24日が基準日・分割後ベースの取引は8月31日から」と書かれています(テスラは8月21日が基準日・分割後ベースの取引は8月31日)。 Bloomberg.com  4 usersアップル、1対4の株式分割発表-株価400ドルに迫る大幅上昇でhttps://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07- ...

ReadMore

投資信託

投資信託の基本と分類

資産運用のための有用なツールの一つが投資信託です。
本稿では投資信託の基本的な解説と分類(どういう種類があるか)を中心に解説します。

投資信託の基本

最初に、投資信託とは何かについて簡単に解説します。

投資信託≒ファンド

「投資信託」は日本の投信法に基づいて設立される「ファンド」です。
「ファンド」というのは、複数の投資家の資金を合同運用する投資スキームです。

「ファンド」としてお金を運用するのであれば、投資信託以外にもいろいろな形態があります。
会社法に定める「株式会社」や民法に定める「組合」でも良いですし、投信法は投資信託とは別に「投資法人」というスキームも定めています。

ただ、時価のある有価証券に投資するファンドを作る場合には、日本では「投資信託」の形態が選択されることが多いです。
運用と販売のための制度が整備されており、歴史的にも日本におけるファンドのプレーンな形態として発展して来たためだと思います。

投資信託の説明資料を見ると「預金とは異なること」「投資元本を割り込むリスクがあること」がくどいくらい書かれています。
これはファンドである以上、投資信託のリスクは、ファンドの中身に依存するためです。
ファンドの中身が株であれば株価の下落で損をすることがあります。
ファンドの中身が債券であれば金利上昇により損をすることがあります。
ファンドの中身が外国株や外国債券などの外貨建ての資産であれば、円高により損をします。

規制が厳しい公募投信

投資信託のうち、一般の投資家が証券会社や銀行などで購入できるファンドは「公募」投資信託と言われます。

公募投信は、非常に規制の厳しいファンド形態です。

設立時にはファンドの約款を財務局に届出をし、有価証券届出書を財務局に提出します(これはEDINETで誰でも見ることが出来ます。)

継続して投資信託を販売するには、半期ごとに有価証券届出書を更新するほか、運用状況等をまとめた有価証券報告書を財務局に提出します。

また、投資家に対しても、運用報告書を定期的に交付することが義務付けられています。

 

投資信託の分類

投資信託(ファンド)には様々な切り口による分類があります。

  • アクティブファンドかパッシブファンド(インデックスファンド)か
  • 契約型か会社型か
  • 公募か私募か

順を追って解説します。

アクティブファンドかパッシブファンドか

TOPIXやS&P500のような指標となる株価指数(ベンチマーク)に対して、それを上回るような収益を獲得することを目指すファンドをアクティブファンドと呼びます。

テーマ型の投資信託やREITのような特定の資産クラスにフォーカスするファンドではベンチマークを定めていない場合が多いですが、「~~指数に連動した運用成果を目指す」という記載がない限り運用の実態はアクティブファンドです。

それに対して、特定の株価指数に連動するような収益を獲得することを目指すファンドをパッシブファンド(インデックスファンド)と呼びます。

日本株なら日経平均連動型とTOPIX連動型、米国株ならS&P500連動型などが一般的です。

アクティブファンドは銘柄の調査にコストがかかるため、総じて手数料率が高いです。

 

契約型か会社型か

ファンドは集団投資を行うための「箱」です。

そのため、投資家から集めた資金と運用対象の有価証券を保有するために、権利義務の帰属先になる必要があります。

契約型か会社型はファンドを権利義務の帰属先とする方法の違いです。

「会社型」は、株式会社や合同会社と同じよう、ファンド(投資法人)事態が法人格を持ち、自己の名義で有価証券等の運用対象資産を保有します。

「契約型」は、運用会社と信託銀行の締結する信託契約に基づき、信託銀行がファンドの資産の名義人となり資産の管理を行います
上場企業の大株主を見ると、日本マスタートラスト信託銀行や日本トラスティ・サービス信託銀行という名前が出てきます。
これは、これらの企業が日本を牛耳る大投資家、というわけではなく、投資信託や年金特金の資産管理を受託している信託銀行が名義人になっているためです。

 

日本における投資信託は全て「契約型」のファンドです。
また、J-REITは投資法人ですので「会社型」のファンドです。

 

公募か私募か

一般の投資家が証券会社等で購入できるものを公募の投資信託(公募投信)と呼びます。

反対に、限られた投資家にしか販売を行わない「私募」の投資信託という分類があります。

50人未満の投資家にしか募集を行わない「少人数私募」と、銀行や保険会社などの適格機関投資家のみにしか販売を行わない「適格機関投資家私募」のようなものがあります。

個人の資産運用で選択肢に入るのは公募投信の方です。
(超富裕層になれば有利な条件の私募投信が買えるようになるかもしれません・・・!)

 

実際に関係するのはパッシブかアクティブか

ここまで、3点の分類を紹介しましたが、個人投資家に実際に関係するのはアクティブかパッシブかということくらいです。
上場REITを覗いて、個人の投資対象になるような会社型のファンドはほとんどありません。また、私募投信は多くが機関投資家向けなので、個人投資家が現実的に資産運用の手段として使えるものの多くは契約型の公募投信です。

以上です。目論見書などを読んでいて、公募や契約型という言葉に引っかかっていた方の役に立てば嬉しいです。

  • この記事を書いた人

ton

2007年から運用会社や金融機関の運用部門で株を中心に見てきました。 現在は運用業務からは離れていて運用は自己資金のみ。 投信の請求目論見書や指数の算出要領からプロダクトの中身に迫るのが好き。

-投資信託
-

© 2020 儲からない投資の知識